2018年11月12日

続披露の宴

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
ほどなくして、新郎・新婦は入り口に立った。
招待客を、披露宴会場に招き入れるためである。
私達は、順に新郎と向き合い、祝福の言葉や招いた貰ったお礼を述べ、さらには祝いののし袋を渡した。ただこの爺の理解を越えているのは、既に会場には宴会料理を食べている客のいる点である。ともかく、私達がぞろぞろと入ってゆくと、披露の御馳走を楽しんでいた老婦人がやおら立ち上がり、
「このテーブルどうぞ!お料理をお楽しみください。」
ときた。説明が遅くなったけれど、披露宴のごちそうはセルフサービスなのである。私達は隣り合う円卓に陣を取り、銘々料理を取りに行くことになった。
さてもともと満席だった宴席の客がすっかり入れ変わった頃、威勢のいいドラム音が響いてきて、新郎新婦の入場となった。威勢が良すぎて「厳かな」といった風情はまるでなく、さすが熱帯の地の披露宴と感心した次第である。
入場行進は4・5分もかかったろうか、ようやく正面の席に若夫婦が着席し、司会者があれこれ語り続けている。時折英語での語りもあったけれど、マレー語が半分以上もあって、この爺にはちんぷんかんぷん。ただ友人のスピーチや余興はまるでなく、我々の知っているのとは随分と異なる。そういえば、昔々新郎新婦を自宅で披露するときには、我が国でもひたすら客に飲み食いを振舞っていたような記憶がうっすらとある。
やがてテーブル毎に新郎新婦席に集まって行って、銘々祝福の言葉や記念の写真を撮ることとなり、この辺りはごく普通。そして爺は帰ることになったのだけれど、その頃には新しい祝い客がテーブルに付いており、宴会はまだまだ続くのであった。
ともかく爺は会場を後にした。少しカルチャーショックを感じながら。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2018年11月11日

若い同僚の結婚披露

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今日は、職場の若い同僚の結婚式。
そしてこんな爺にも招待状が渡された。
というわけで、これから出かけて行く予定。
何せ新郎はモスリムで、モスリムの結婚披露はエジプトで一度参加したことがあるとはいうものの、未体験に近い。多分宗教色の強い披露になるのだろうから、帰宅したらその報告を書き加えたいと思う。ただ彼のフェースブックには、結婚式の様子が真夜中からあれこれ上がっている。

披露の宴は、友人の住まいの集会所。
この爺が現地に到着したのは、正午頃だったろうか?
もうその頃には、披露宴の会場はすっかり盛り上がっていて、大音量で音楽が流れている。ただ新郎新婦はまだモスクから会場に到着していない。所在なさそうにしているこの爺を目ざとく見つけて、一人の若者が駆け寄ってきた。
「ヤシム君の会社の方ですか?」
と問いかけられ、そうだと応えると、
「おっつけヤシム君のモスクからくるでしょうし、その頃会社の人達が来るだろうと聞いています。それまでこの席でお待ちください。」
と、日本風にいうなら待合室に通された。そこにもいくつも円卓があって、もう食事をしているグループもいる。この爺は仲間の到着を待たなし方がないなぁなんぞと考えていたら、見知った顔が何名か歩いてきた。そして本当にタイミングよく、新郎新婦も到着しようやく、披露宴への参加となるのだが、この続きはまた明日にでも。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2018年11月09日

雨の朝

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今朝出かけようとしたら雨が降ってきた。
起き抜けからどんよりした空で、当地の人が好んで使う「ヘイジー!」だったので、降雨はある程度予想していたが、いやはや早すぎる。せめてバス停に着くまでは持って欲しかったというのが本音。
という事で、出かけを少し遅らせて空とにらめっこである。(8:56am)

それでも雨は、とても止みそうになく9時5分には家を出た。
ついてないことに、出入り口まで来て、スマホを持っていないことに気付いた。
今日は午後にはJames Cook 大学を訪問することになっており、生憎全ての情報がスマホに入っているので、スマホ無しというわけにはいかない。そんなわけで今来た道を戻れば、家の中では愛犬のアリスがいち早く察知して、大騒ぎをしている様子である。
そして何とか9時26分発のバスに乗ることができ、10時には会社に到着。直線距離で4km程度離れている会社のエリアは、もはや雨は上がっており、結果的にはスマホを忘れてさらに遅くなったことが功を奏したような・・。
塞翁が馬とはこのことか!
いずれにしても、この地なりの「冬」の季節が近づいている。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2018年10月28日

日本人夫妻との出会い

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
さて昨日のタイソンのサービスセンターの話の続きである。
長い列の私の後ろに並んだ夫婦連れの会話が耳に留まったこと、それが日本語であったことは、すでに述べてある。
「おや、日本お方ですか?」
と声をかければ、少し驚かれた風ながらすぐに打ち解けての会話となった。
なんといっても、順番を待つだけしかない状況で故郷の言葉で話せる気楽さ、話の弾まぬわけがない。話が弾むといは言え、当然ながら他愛無い話ながら、それでも某光学メーカーの駐在員との事が明らかになり、それも技術開発というから興味がわいた。
早い話し、この国の至る所にある監視カメラの売り込みらしいのだが、
「現時点では、人の眼で見ないといけないのですが、それを自動で事件がありそうだとか、怪しい人がいるといったことができるようにしたくて。」
というではないか。ぶっちゃけ話AIのお世話になってという事なのだろう。
偶然というべきだろうか、大阪大学に在職当時隣の研究室のB教授の専門、サーベイランス絡みの仕事とあっては、ますます興味が湧いてくる。そんなわけで、小一時間の待ち時間退屈することも無く、その後ホーカーでアイスコーヒを頂いてしばし歓談して別れた。
明日には名刺を送っておこう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2018年10月22日

洗濯機を求めて

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
数週間前から洗濯機の調子が芳しくなく、大いに困っていたら日本でいうかつての見本市会場、当地ではEXPOと呼ばれているコンベンションセンターで、電気製品の安売り展示会があるとダイレクトメールが入った。地獄に仏というか神の啓示というか、それならと昨日曜日午後出かけて行った。何せ最大90%引きなんぞとうたっているほどだから、安いに違いない。それにダイレクトメールにこの爺が珍しく引かれ中たのは、パナソニックや日立の製品が記載されていたからでもある。高温多湿のこの国で、横型ドラム式の洗濯機はあまり感心できないのだが、なぜか横型ドラム式が圧倒的に利用されているようで、我が家に大家から支給された洗濯機も、御多分に漏れずドラム式である。ところがパナソニックや日立の製品には、我々日本人が慣れ親しんできた縦型の洗濯機も多く紹介されており、壊れたのを機会に使い慣れた縦型にできればと考えたというのが本当のところだったのである。
さて会場のEXPO、自宅の有るPasir Ris地区と同じくシンガポールの東端に位置し、5年前の赴任時にはマンションが決まるまでの二週間滞在したカプリホテルの最寄り駅にもなっている。それでもバスとMRTを乗り継げば40分近くもかかるというので、ここは10分足らずで行けるタクシーでと相成った。会場には予想通り大勢の客がいて、パナソニックや日立のコーナーでは、担当員との話もなかなかままならない。順番を待ってようやく質問をし始めたと思ったら、他の客があれこれ質問するので、我が方の話は途切れがちとなってしまうからである。中国語で遮られると、我々とのたどたどしい英語の会話の事は、ついつい消えてしまうようなのである。もーっ!!
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2018年10月20日

ダーウィンの事

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
グーグルマップで、何度も観測に出かけて行ったダーウィンを調べてみた。
1995年から初めて実質2010年まで、切れ目なしに出かけて行った想い出の地である。当時は10月の声を聞くと気もそぞろになったもので、そんな記憶も未だに新しい。だから記憶をたどりながら、衛星写真でハンプティドゥー、ミドルポイント、Windows of Wet land を確認。ダーウィンからは、南に向かう国道1号線(スチュアートハイウェー)を走り、途中からアーネムハイウェーを経由して、ミドルポイントに至るのだが、有り難いことにグーグルの衛星写真が、さらにあれこれ記憶をよみがえらせてくれる。
なんといっても一番の難儀は、地上50mの給水塔に干渉計を設置したことだったろう。
塔の柱は空洞になっていてほぼ垂直なはしごがあって、M君と登ったものだ。ただ残念なことに、最高の設置場所だったこの給水塔の観測は、アンテナのアンプに不具合があって、結局はものにはならなかった。その給水塔が写っているし、ストリートビューでは、その高さも認識できる程である。
「あの付近にあったパブも強烈だったなぁ!」
なんぞと懐かしみながら、東に向かえばミドルポイント、フォグダム。そして毎年一カ月半近く借り上げた、マンゴー畑にある一軒家、
「今はどうなっているんだろう??」
と想い出は尽きない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2018年10月08日

通訳業2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「通訳業」の続編である。
30歳になったばかりの若者が、いくつも会社を経営しているというのには、驚かされた半面、少し懐疑的にもなった。それにそんな若者が通訳を依頼するなんぞというのも、何やらわざとらしい気がしてきた。現にシンガポール人の話すことは、どうやら理解できているらしいのに、いちいちこの爺の和訳を尋ねて来る。そして時折
「このことを直訳して、相手に伝えてください!」
といった厳しい注文もある。極めつけはシンガポール人から
「お手伝いしても、先方から代金を頂いてないんです。」
という苦情に近い一言があったとき
「それなら私を代理人に雇ってくださいよ。先方から代金をきっちり頂きますから!」
と、シンガポール人に英語で告げたら
「それは私がやりますから。」
と、切り返されたので、シンガポール人の英語を判っているらしいことが確信できた。
それにしても、
「それならなぜ通訳を雇う気になったのだろう?」
の疑問がまたぞろ頭を持ち上げ、そこで
「これって新手の、詐欺かもわからんなぁ。景気の良い話を二人から年寄りに聞かせ、それならこの爺も一口出しましょう!」
と声のかかるよう誘導しているんちゃうかなと思案した。
まぁそんなこの爺の思案を感じ取ったのか、会談は一応お開きとなり、シンガポール人から
「近日中に議事録を送る。ここで再度会うか日本で・・。」
という提案、爺が気を利かして
「議事録を私にも送っていただいて、チェックしましょうか?」
の問いには、必要ありませんとの事。依頼人からは
「彼を送ってきますから・・。」
と言い彼らは席を立った。しばらく待っても帰ってくる雰囲気はないので、
「まぁそれなら帰るか!」
と席を立ったら、ウエイトレスが請求書をもってやってきた。
「いやぁ、私は客だから・・。」
という言い訳は聞いてくれるはずもなく、代金を払えとおっしゃる。
「こりゃあ騙されたかな?」
と思いつつも、ウエイトレスに電話をかけて呼び戻すからと説明をして電話すれば、二度目か三度目にようよう出て
「あれ支払いしてませんでしたか?じゃあ戻ります。」
という、とぼけた返事。
という事で、いい経験になりました。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2018年10月07日

通訳業1

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
インターネットのサイトを経由して、通訳の依頼が入った。
「ビジネスのためシンガポールを訪問する。ビジネスのパートナーとの会合の通訳をして欲しい!」
との事。この爺は通訳業ではないけれど、五年もこの地に住んでいるので、
「まぁ何とかなるやろう!」
の軽い気持ちで引き受けることにした。いずれにしても、相手の人相・風体はおろか、名前すら知らないので、若干の不安はあるけれど、まぁこれも小遣い稼ぎと出向いたのである。
この爺、定刻の15分前に約束場所に到着。定刻を5分程すぎて無事依頼主に会えたのだが、何とも若い。通訳の依頼という事で、年輩を想像していたので大いに意外な気がした。聞けば、投資関係に関わっており、会社も10本の指に余る程の経営という。
「もともと資本は潤沢でしたか?」
の問いには、10万円程度から始めたというから、それが本当ならまさに立志伝の人物という事になろうか。
「将来は、孫正義さんか今日有名になっていらっしゃる前澤さんが目標ですね?」
の問いかけには、悪びれる風もなくそうですとおっしゃる。こんな戯言を楽しんではいたのだが、面談すべき相手が来ないという。
「シンガポールの方は、約束の時刻をあまり守りませんよ。10分15分の遅刻は、まぁ当たり前でしょう。」
と説明したけれど、それでも依頼主は何度か電話をして、その何度か目にようやく先方と連絡できた。ただそのやり取りを見て
「これやったら、通訳いらへんやん!」
の印象が大きかった。
それでも席について以降は、とりあえず「通訳」業に徹した次第であった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2018年10月06日

核戦争後にも

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
シンガポール人の友人曰く
「中国人とゴキブリは世界中どこに行っても沢山生息している!」
という。ご本人は、中華系シンガポール人だというのに、中国の事は徹底的にこき下ろす。きっかけは、中国政府とスウェーデン国立放送局放送局の泥仕合である。泥仕合の内容はさておくとして
「ただ日本の北海道は、本来ゴキブリは生息していないと聞くよ。だから多分サハリンやシベリアには・・・。」
と応じると
「でも中国人はいるだろう!」
と大笑い。最後の極めつけは
「世界中のどこでもというよりは、核戦争後に生き残るのは、中国人とゴキブリ!」
と言い抜いたのには、
「もともとは同じ民族なのに?」
という私に
「我々は、本来の文化を守っているが、本土の彼らは全く駄目だ。それに礼儀を知っているけれど、行儀が悪すぎる。人前でも大声で話すし。いやはや傍若無人だ!」
との事らしい。なかなか考えさせられる会話であった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2018年10月05日

バンカ島散策 2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
バンカ島散策の話を続けたい。
錫博物館見学の後、車で小一時間ばかり北に向かって、小高い丘の上にある寺院を訪ねた。何十年か前に北京で訪れた「天壇公園」にある寺院と同じ作りで、中国人の影響をしみじみと知らされた。かつて教えられた「天壇」寺院のいわれ、確か天国に通じるようにということであった。ちなみに寺院の名前は聞きそびれたので、紹介できない。ただあまり観光客もいなくて閑散としており、大いに拍子抜けといったところであったろうか。181005 Temple2.jpg
181005 Temple.jpg
その後さらに小一時間、そろそろ日が沈もうかという頃に浜辺に足を延ばした。浜辺では、裸足になってウミガメの生け簀を楽しんだ。下が同行の方々との記念撮影である。181005 Seashore.jpg
砂浜を裸足で歩くのなんて、何年ぶりのことだろうか・・・。こんな経験も結構いいものである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活