2018年09月30日

故郷を捨てる

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
長月晦日
生まれ故郷を遥か離れて暮らすことについて考えている。
以前にも似たようなことを考えた。
それは韓国で、かつての百済にある小都市・熊津を訪ねたときの事である。
20年ほど昔、韓国気象庁に招かれて講演をした。その際お礼代わりに
「どこか行きたいところはないか?」
と一泊旅行を提案してもらった。それで
「かつての百済の地に行きたい。昔日本が王族の墳墓の習慣を学んだ古墳群があると聞いている。」
 とお願いして、連れて行ってもらったのが熊津である。
そこでは高野槙で作られたというかつての王様の棺桶があり、
「最近のDNA鑑定で高野槙と判明した。この高野槙は日本固有のものだから5世紀頃には、百済・大和の交流があったという事が判る。」
と,解説された。ただ私はこの件に関しては、大した感慨もなくフーンという感じだったけれど、熊津の雰囲気、いわば山並みというべきだろうか、が奈良県明日香に似ているとの印象を強く持ち、
「半島人達は、日本に来て故郷の雰囲気似ている明日かに住み着いたのだろう。」
と、ひとり思案を巡らせたものである。
実はこの印象、その前後にブラジルを訪れた折にも経験しており、それはまた明日にでも。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2018年09月29日

10年前の今日の内容

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
中国の有人衛星・神舟7号,宇宙遊泳も成功させて無事帰還。
米国,ロシアに次ぐ快挙で,名実ともにベストスリーの一角を占めるに至っている。今後2012年には,ドッキングの実験を実施し,2020年頃には宇宙ステーションを実現させるらしい。一連の動きは,国威発揚もあるのだろうが,月や惑星などの鉱物資源も見据えてのことに違いない。
大相撲9月場所が千秋楽を終えた。終わってみれば,結局横綱白鵬が14勝1敗で優勝。大麻汚染醜聞で,理事長が交代し,再出発が期待された大相撲協会。某新聞では60点とある。60点は大学なら及第点ぎりぎりの得点で,そういった意味合いもあってこの点なんだろう。新理事長になって,立会厳格化も徹底し,休場した横綱・朝青龍など随分混乱していたようだ。朝青龍に意地悪しての立会厳格化ではなかろうが,もともとあの横綱はフライング気味の立会が多かったっけ。
国会では新首相の所信表明演説。いよいよ論戦の火ぶた,衆議院解散に向けての総力戦突入ということだろう。ただ今日の所信表明演説,野党にはすこぶる評判がよろしくない。というのも,所信表明演説で,野党に対する質問を盛り込んだそうで,野党側は,総選挙の事前運動だと反発している。劇場型元首相とは一味違ったパフォーマンス,はてさて総選挙の勝敗の行方やいかにといったところである。
プロ野球もいよいよ大詰め。ただセントラルリーグは,依然混とんとしている。勢いのある読売巨人軍は,直接対決で阪神タイガースを相手にしないが,思わぬ取りこぼしもある。首の皮一枚の阪神タイガース,首位の座をかろうじて守り通している。その阪神タイガース,今宵は広島カープとの対戦で,五回を迎え3対0でリードしている。勝敗を気にしながら,自宅に向かうこととしよう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2018年08月31日

絶滅危惧種ミノムシ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
葉月晦日
知り合いのフェースブックに
「絶滅危惧種ともいわれているミノムシを職場で発見。」
とあった。絶滅危惧種というのは本当かどうか、少なくともこの爺の故郷には、まだまだたくさんいる。といっても、一年は帰国していないので、最後に見かけたのは一年半以上も以前のことになる。まさか一年半で故郷のミノムシが絶滅するとは思えないとはいえ、日本中都市化が進んで絶対数の減っていることは確かなのだろう。
ただミノムシには、母の思い出がある。
祖父が綿織物で財を成して立てた我が家には、おもてにもうらにも前栽があった。おもての前栽には、太平洋戦争で戦死した伯父が植えたという夏蜜柑の樹が三本あり、その樹によくミノムシがぶら下がっていて、秋の終わりころともなると母が駆除していた。駆除といっても樹の下に入り込んで探し出しては、ひとつづつ駆除するのである。もう50年以上も昔のことで、私はまだ小学生であった。
母は、
「このミノムシは、蛾になって夏蜜柑を駄目にするから!」
と教えてくれたものの、私自身それ以上は確かめようとはしないまま、今日に及んでいる。ただ今日ウイキペディアで調べてみると、ミノムシが哀れに思えるような生体であることが判った。あえてここでは示さないので、ご興味のある御常連様はぜひネットサーフィンして調べてください。
話をミノムシ退治に戻せば、私も母に真似て枝にぶら下がっているミノムシをつまみあげせっせと踏みつぶしたものであった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2018年08月27日

夏の終わりに

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
2018年葉月も余すところ5日となった。
何度かこのブログに書いていると思うのだが、中学生時代、私は夏の終わりのこの時期の寂寥感が、えも言えず好きであった。とりわけ故郷の西の山の端に灰色の雲がかかる夕方が好きであった。考えようによっては鬱屈しているとも言えそうながら、あれは思春期特有の「ニヒリズム」だったのかもしれない。
はて今日はどうなっているのだろうか、私が中学生だった頃には、夏休みといえば写生が宿題の一つで、その写生を私は決まって夏休みの終わりの二、三日にやったものである。他の宿題は夏休みが始まって一週間もすれば皆やり終えていたけれど、写生だけは最後まで手を付けることは無かった。それはあの夕暮れの寂しさを、今年も絵にしたいと考えたからに他ならなかった。ただそんな得手勝手な「ニヒリズム」は、誰にも理解されず自慢の写生は、一度も褒めなれなかった。
とはいえ残念ながら、今年はあの夕暮れを見ることはできない。というのも、現時点では帰国の予定が今のところ、まだまだ立っていないから。それにこのシンガポールは年中夏で、あんな寂しい雲はまず出ないから。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2018年08月07日

5年前の今日

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
シンガポールに来てほぼ5年経つ。
その年の今日の内容である。

週末に映画を見に行った。
原題 Emperor (邦題 終戦のエンペラー)というハリウッド映画である。6月の末頃からだったろうか,テレビで盛んに宣伝していたので,ぜひ見たいと考えていた。それも封切られて早い内に見たいと・・・。映画について,こんな気持ちになったのは,いやはや本当に久し振りである。
8月の声を聞くと,年中行事のように終戦がらみの報道特集や映画が上映される様に,我が国にとってまだ戦後は終わっていないのかも知れない。昭和30年代の流行語となった,もはや戦後ではないは,経済という観点から復興がなったという事で,実際その後我が国が,世界第二位の経済大国となったことからも明らかであろう。ただその一方,文化的な意味であるいは精神的な意味で,果たして我が国が戦後を乗り越えたのかと尋ねられると,原爆の事,従軍慰安婦の事,北方領土の事等々,何一つとして解決できていない様な気がする。
ところがである,この終戦のエンペラー,ハリウッド映画だというのに,我々日本人以上に,日本人的心やあいまいさを理解しての作品という鑑賞感を持った。詳細な内容の言及は差し控えたいが,ハリウッド映画にありがちな勧善懲悪な内容では決してない。ご常連様にも,是非お楽しみいただきたい作品であったと,結びおきたい
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2018年08月04日

原爆投下の日

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今年の原爆投下の日記念式典は、シンガポールでテレビ中継を見ることになる。まだ二日あるけれど、今年もこの詩をあげておこう。
『生ましめんかな』
こわれたビルディングの地下室の夜だった。
原子爆弾の負傷者たちは
ローソク1本ない暗い地下室を
うずめて、いっぱいだった。
生ぐさい血の匂い、死臭。
汗くさい人いきれ、うめきごえ
その中から不思議な声が聞こえて来た。
「赤ん坊が生まれる」と言うのだ。
この地獄の底のような地下室で
今、若い女が産気づいているのだ。
 
マッチ1本ないくらがりで
どうしたらいいのだろう
人々は自分の痛みを忘れて気づかった。
と、「私が産婆です。私が生ませましょう」
と言ったのは
さっきまでうめいていた重傷者だ。
かくてくらがりの地獄の底で
新しい生命は生まれた。
かくてあかつきを待たず産婆は血まみれのまま死んだ。
生ましめんかな
生ましめんかな
己が命捨つとも
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2018年08月01日

葉月朔日

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日の内容は、10年も昔の話である。
ただインド人(印僑何ぞと華僑をもじってるけど)の掛け算の能力については、今日でも大いに興味を持っている。そしてブログに揚げた10年前の夕方のことは今でも覚えているし、未だにインド系の人に出くわすと、確かめたくなる。この好奇心というかいっちょ噛みというかは、修正身についたものなのだろう。
ただその後機会を重ねるたびにはっきりしてきたことは、50未満の掛け算に関しては大概のインド人なら打てば響くような返って来る。ところが50以上の掛け算の場合には、随分と様相が異なる。つまり、明らかな高学歴層の場合にはおおむね二桁×二桁の九九を空んじているけれど、そうでない方の場合正答率は低いような気がしている。高学歴だから優秀というつもりではなく、多分訓練の賜物なのだろうと今日では納得している。
他愛無い話ながら、まだ当面は関わって行きたい。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2018年07月31日

10年前の今日

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
先日印僑の話を書いた。世界の頭脳と呼ばれる印僑の話である。
多くの子供たちが,小学生時代に算数嫌いのきっかけとなってしまうといわれる九九。我々なら,一桁かける一桁を暗記させられる九九なのだが,インド人の九九は,二桁かける二桁までという話をよく聞く。そんな内容であったと記憶している。
http://zenk.sblo.jp/article/17385483.html
さて,いっちょう噛みの小生である。風聞が真実かどうかと気になりだし,確かめずにはいられなくなってきた。考えて見れば,都合の良いことに,吹田キャンパスにはインドからの留学生が沢山いるではないか。そこで早速活動開始。活動といっても,闇雲というわけにはいかぬ。夕食時にでも偶然を装って近くに席を取り,仲良くなって確かめるのも一案であろう。そう思案して学生食堂に出かけた。
学生食堂に入れば,神の思し召しというべきか,天の配剤というべきか,見覚えがあるインド人と思しき学生が食事をしている。それも二人いるではないか。鴨がネギを背負ってやって来たようなものである。いや,やって来たのは小生だから,鴨がネギを背負って待っていたというべきか。ともかく千載一遇のチャンスには違いない。迷うことなく同じテーブルに席を取り,耳をそばだてながら機会を窺う。二人は耳慣れぬ言葉で話し合っており,おいそれとは口を挟めない。そのうち二人の皿には,ほとんどなくなり,そのまま待っていたのでは,食べ終わって立ち去りかねない。ふと見ると味噌汁が手付かずではないか。そうだ話題はこれと,
「Excuse me, but(お食事中すんまへん。)日本の味噌汁は嫌いかいな?」
「いいえ,大好きです。」
「だって,全然食ってへんやないか?」
「熱くて食べることができないので,冷ましています。」
「そうかいな。いや全然手つかずやから,ワイら日本人の味の味噌汁,好かんのか思うて!それはそうと,しばらく話してええかな?」
「先生とは,ここで何回も話していますし,いいですよ。ラジオ番組にも出させてもらいましたよ!」
「そうやな,あの時のインドからの学生さんやな!」
「船舶海洋の博士課程です。」
「そうそう,船舶海洋やった。あんな,インド人は二桁かける二桁の九九覚えてる聞いたもんで,ほんまかいな思うてな?」
「いいですよ!」
といった次第で,確かめてみたのだが・・。
二人だけの検証だから統計的意味は??ではあるとはいえ,一応示しておく。50かける50以下なら即座に答えが返ってきた。ただしそれ以上の九九は,一瞬絶句,そして苦笑いが多かった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2018年06月29日

10年前の今日

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
雷に魅せられてが,化学出版から上梓されて明日で40日。
果たして売れているのやら,いないのやら。
気がかりはさておき,たまには拙著雷に魅せられてについて。
実は口絵の多くは,音羽電機工業のご厚意で使わせて貰っている。
同社が毎年開催しておられる雷写真コンテストの秀作を
拝借というのが正確なところ。
このブログの常連さんで,拙著雷に魅せられてをご購入の方は
口絵@雷雲の電気の通り道ご覧戴きたい。
副題に「針立雷(はりたていかづち)」とあり,
見事さに見入られた方も少なくなかろうと思いたい。
そして注意深いお方なら,左中程岸壁に自動車があり,電柱があり
その右側に岩壁から2〜3ミリ細く光っているのが気付かれよう。
これが拙著雷に魅せられての29,30頁の内容に相当する。
近くに落雷があったというのに,幸運にも雷撃を受けなかったけれど,
手足にしびれが残ったというあれである。
つまり,雷雲の電気の通り道は,写真の上まで延びる2本であり,
2〜3ミリの部分は,通り道の候補者だったけれど,
雷様が他を選んだから,結果繋がらなかったのであろうと判断。
それでもあれだけ光っているのだから,結構な電流の筈である。
だから誰か人間がこういった事に遭遇すると,手足にしびれが残る。
だっていかづちの本流でなかったから,
何万アンペアという電流が流れないだけで,
ひょっとしたら1000アンペア程度は流れるだろうからである。
教訓
雷雲下で立っていると,運が悪ければ直撃を受けるし,
たとえ受けなくても,近くに落雷があれば
いくらかの電流が流れて手足にしびれが残るのである。
くわばら,くわばら・・・。

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2018年06月22日

夏至

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日、夏至やったんや。
ほんまにすっかり忘れとったなぁ。
これが日本やったら、新聞でもテレビでも、何やかんやと報道あるもんなぁ。
ほんまのとこ日曜頃までは意識しとったんやけど、週前半は忙しかったもんで、すっかり飛んでしまっとった。ほんで今朝になって思い出した。それにここシンガポールやったら、あんまし日の長さ変わらんもんで、よけい意識が薄くなるっちゅうもんや。
夏至ちゅうたら、スウェーデンの夏至の祭りが思い出されるなぁ。
もう30年以上も昔のこっちゃけど、あの頃ウプサラ大学に一年間呼んでくれたスベンさんが
「夏至の祭りだから、ピクニックに行こう!」
と誘ってくれはった。
行った先はや、もう名前忘れてしもうたけど昔の王さんの古墳の近くにポール立てられてて、そのポールの周りに町の人が仰山集まって、めいめい勝手気ままにお弁当食べたんや。ほんで昼ご飯終わったら何重もの輪ぁがポールの周りにできて、いうならフォークダンス、日本の盆踊りやなぁ。あの頃はウプサラについて一月半やったよって、まだまだスウェーデンちゅう国にも慣れてへんし、記憶に残らんうちに夏至の祭りが終わってしもうたような気いがするなぁ。
ほんまに不思議なんやけど、あの年のこと6月後半から7月一杯の記憶があんましないんや。わけわからんうちに8月の中頃になって、そっから先は週末以外は気象研究所に出かけて行っとったんで、毎日が同じような勤務内容やった割に思い出が濃いんや。
考えてみたら8月に初氷見たし、9月になったら日本の冬みたいに寒い日もあったし、10月には雪も降ったかなぁ。せやけどウプサラでは、根雪にはならへんね。それに晴れの日は風強くて体感気温低いわりに、雪の日はあんまり風も強うのうて、寒いことは寒いけどその割には寒さ感じへんね。そんな経験したからやろうか、細かい日にちはともかく、ウプサラにおった後半のことはよう覚えてる気ぃするなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白