2017年10月21日

台風28号の想い出

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
台風21号が北に進んでいる。
今日土曜日は沖縄の南東あたりだろうか?
この時期の台風、今までにないとは言えないけれど、まぁ珍しい部類になる筈である。
本土上陸となれば、記録上遅い時期の上位3位に入るらしい。週末日曜日は、衆議院選挙の投票日だというのに、関係者は気を揉んでいることだろう。いや与党は喜び、野党は残念がっているというのが本当のところかもしれない。
ただなんといっても遅かった記録は、1990年11月末の台風28号である。
この台風の事を覚えているのは、この年フランスの友人が開発した「狭帯域の干渉計」SAFIRを、関西地域で稼働しようと野山を走り回っていたからである。20mほどのアンテナマストを、京都府丹後半島、福井県の三国町、それに滋賀県の琵琶湖畔(滋賀県)の三カ所に設置する予定でいた。そしてまず丹後半島の弥栄町に干渉計アンテナを設置しようと出かけたら、台風来襲というので這う這うの体で大阪に逃げ帰ってきたのである。あの時のメンバーは、アメリカのブラッドさん、フランスのフレッドさん、セルジさん、それに日本人は空電研究所技官の故長谷さんで、
「まさかこの時期の台風は、日本には上陸しないよ!」
とたかをくくっていたら、紀伊半島白浜付近に上陸。弥栄町スイス村と呼ばれるスキー場の頂はえらい暴風となったのである。考えてみればあのプロジェクト、この台風がケチの付きはじめであったような気がする。結局冬季雷の観測には間に合わず、運転開始は半年後の1992年6月の事となってしまった。まぁそんなほろ苦い思い出も込めて、未だに雷放電の干渉計観測に関わっているのだから、考えようによっては進歩がないとは爺の自戒である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2017年08月24日

付いてくるのは影だけ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
ここ数週間、56年前に亡くなった母の言葉を、しみじみ思いだしている。
「お前についてくるのは、お前の影だけやでぇ!」
という、まぁ教えともいえる言葉である。
次も母や大叔母から伝え聞いた話である。
「お爺さんの寿ェ吉さんは、商売で財を成したけど、一回目は友人と共同で起こした会社が倒産して、その次に一人で起こした会社で成功したんや。」
同じく心に響くものがある。
というのは、起業ちゅうの雷嵐、いろいろな人の助けもあって難破しそうになりながらも、何とか航海を続けている。とはいえ、いろいろな決定にいかにも時間がかかる。
一緒に活動しているKenzoさんやMark さんの言によれば、
「それが東南アジアの商慣習!」
ということながら、
「彼らにたよりきりなのが原因の一つ。」
と最近は考え始めている。ただ周辺諸国への販売活動には、彼らの助けをいることも事実で痛し痒し。ただ今後は助けてもらうとはいえ、主導権というか決定権を持ってのぞまねば、というのが結論なのである。
早い話、ある国の副大臣に会うという話も、先週末の予定が、今週かも(?)となり、そして結局のところ来週となった。聞けば
「今週は各大臣のヒアリングや、前大臣の裁判が有ったりで時間がない。」
というのだから
「そんなことは、最初からわかってるだろうに。はなっから二週間のちと計画しとけよ!」
と言いたいところ。頼りっきり、任せっぱなしというのはかくのごとくなのである。
だから半世紀以上も昔の母の言葉をしみじみ感じているのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2017年08月20日

朝顔の思い出

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
8月20日を過ぎると、夏休みの残りの日数が気になり始めたものだ。
いやなに子供の頃の思い出である。
私が義務教育就学年齢だったころは、大阪界隈では夏休みは、7月21 日から8月31日までのおおよそ40日間であった。だから残り4分の1となる8月20日は、私にとって「厄日」みたいなものだったのであろう。
不思議なことに、母は20日を過ぎる頃に、なぜか私を伯母の家に私を連れてゆき、数日間泊めてもらっていとこたちと過ごす機会を与えた。私は、三歳年上の従兄とその祖母との三人で枕を並べた。常には母と寝ていたこともあってだろう、私には新鮮であった。
伯母の家では、毎年朝顔を育てており、8月も20日を過ぎる頃には「収穫」できる種もあったものだから、いとこたちと競争して「収穫」した。この競争は同じ年と従姉とその妹、そして私の三人での競い合い出会った。いとこ達とのこの競争、一人っ子の私にはこれまた新鮮で、今となっては懐かしい。それに朝顔の種、用心深く収穫しないと「種」が未熟で柔らかいものがあったりしたことも思い出す。そうやって競争して集めた朝顔の種は、一二日天日干し、自宅に持ち帰った。次の年私は自宅でその種を撒いて朝顔を育てた。しかし私の育て方が悪かったのか、朝顔は伯母の家のようにはなかなか育たなかった。それでも花をつけ実を付けていた筈で、次に年には種も撒かないのに朝顔の芽が出て、前の年のように花をつけていた。
そんな朝顔も、やがて私が高校生になる頃には、すっかり生えてこなくなったような気がしているが・・・。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2017年07月17日

暑い!

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日は暑い一日であった。
もう梅雨明けかと思うほどの、日照りだった。それでも熱中症にもならずに、無事過ごした。それにしても、かつて熱射病といった、熱中症昨今は実に多くなった。それだけ熱くなったということなのだろうか、それとも冷房の普及もあって、平均的に我が同胞・日本人は暑さに弱くなったのだろうか?
熱射病(熱中症)から、またまた10歳の頃のことを思い出した。それは故郷貝塚市にある水間寺での写生大会の思い出である。毎年春には、貝塚市の小学校、中学校が集まっての写生大会が、水間寺で開催されていた。その写生大会で、三重塔を描いていたら、
「葛城小学校の寿和子先生のお子さんやな?」
と声をかけてきた人がいた。いぶかって見つめていると、
「悪い、悪い、僕は貝塚市内の小学校の教員や!」
との事であった。そして
「三重の塔を描くんやったら、上から描くんやのうて下の方から描くんや!」
と言いながら、
「新しい画用紙あげるから、描きなおしなさい!」
ということで、私は一から描くことになった。
結果的には、その助言が役に立って、なんと銀賞を頂いたのだけれど、今から思えば八百長に近い銀賞ということになる。
なぜ熱射病とつながるのかといえば、その写生大会では必ず
「熱射病にならへんように気ぃつけて!」
といった注意があったからである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2017年07月08日

洗車雨

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
洗車雨(せんしゃう)は、7月6日に降る雨の事を云うのだそうだ。牽牛が織姫との逢瀬のために、七夕の先日に牛車を洗う水になぞらえているとの事。そして七夕の日の雨は、催涙雨つまり年に一度逢瀬がなくなるのでとここまで書けば、敢えて説明もいらないだろう。それにしても九州北部の昨日の雨、洗車雨なんぞと優雅に呼べそうもない。昨日も取り上げたように、梅雨のこの時期の豪雨で、被害が多く出ている。死者も現時点で11名、行方不明15名という。知り合いのフィルピン人が、テレビの惨状を見て
「これは日本の洪水か?まるで私の村の洪水みたいだ。」
と感心している。個人住宅の建設の有り様が、わが国とではまるで違うのだろうに、自然の猛威の前では同じ結果になるらしい。実際テレビ画面で映し出される流木の様子は、とても先進国とは思えない。
そして昨日は催涙雨がまたまた降ったのだろう。昨日の雨は牽牛の涙雨なんぞでは決してなく、被災者の悔し涙の雨に違いない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2017年07月06日

昨日の補足

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日の、続きというか、補足というか・・・。
それは「結局阪神タイガースは長く冬の時代を迎えてしまう。」のくだりについてである。
1960年代から1990年代にかけての、阪神タイガースの戦歴である。1960年代初めには小山投手、村山投手という超のつく二人の投手を抱えており、東京読売巨人軍とセントラルリーグの覇権を常時争う強い球団であった。実際1962年にはリーグ分裂後の初優勝を成し遂げている。そして1963年のシーズン後には、世紀のトレードといわれる小山・山内のトレードが敢行され、翌年の1964年にはセリーグの覇者となったのである。トレード後も、江夏、田淵とスター選手を獲得したものの、1965年から始まる読売巨人軍の九連覇の後塵を拝し続け、起死回生の一手が1970年の村山青年監督の誕生なのである。しかし村山監督の期待していた上田利治参謀が実現せず、それがつまづきの始まりか、期待できる新人選手が入団、期待通りの成績を上げつつも優勝からは遠ざかり、次にリーグ優勝するのが、あの1985年となったのである。早い話21年間優勝とは無縁でこの間、セントラルリーグのお荷物球団と揶揄されていた、広島やヤクルトがリーグ優勝、日本シリーズ優勝と力をつけていった。それらと比較して、阪神タイガースは冬の時代と表現した次第である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2017年07月02日

七夕近し

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
七夕が近い。牽牛・織女の話は、子供の頃教えられた。天の川をはさんで彦星と織姫星、一年に一度しか会えないんだよと聞かされて、複雑な気持ちになったのは、小学校低学年の頃だったろう。ところが母に大阪の四ツ橋にあった、電気科学館のプラネタリウムに連れて行ってもらって
「これから大阪の今晩の星空を映します。」
で始まり、あれこれ聞いた後
「最後に天の川を挟む、牽牛と織女です。そう七夕の彦星(アルタイル)と織姫星(ベガ)は、実際には9光年ほど離れています。1光年は光の速さで行って1年かかる距離、9光年は9年かかる距離になります。だから七夕の夜には実際には会えないのです。」
なんぞと、子供ながらにしらけそうな話を聞かされ、私はすっかりプラネタリウム不信に陥った。ただ以来母は、春、夏、冬の休みには従姉と私を電気科学館に連れて行ってくれるようになったし、電気科学館そのものは楽しかったけれど、プラネタリウムだけはどうしても好きになれなかったのである。この電気科学館詣でも、母の体調異変により、小学五年生の春休みが最後となってしまったように記憶している。
七夕まであと5日である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2017年06月05日

夜間の絶食時間

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
夜は日が替わって次の日になる前に床に着くよう心掛けている。
その頃になると、俗にいう小腹がすいてくる。
私は、その状態で、つまり若干の空腹を感じながら眠るのが好きである。
好きというよりも、30歳ころからの習慣というべきかも知れない。
私の、高校、大学を通じての友人のG君、記憶違いでなければ、一緒に下宿をしていた若い頃
「腹が空くと、腹が立って眠れない!」
とよくこぼしていた。そして深夜に共にラーメンをすすったことも何度かあった。
ただ肥満体質の私は、30歳ころから遅い時刻に夕飯を摂る機会を極力減らすようにして、体調管理に配慮するように努めた。何か「健康本」を読んで、そのようにしたのではないが、健康管理を考えたことは間違いない。
確かに人との付き合い上、遅い時刻の飲食も避けがたいこともあったけれど、それはそれで割り切って対応した。つまるところ、夜8時以降は飲食しない、そして朝食は規則正しくと、まぁ食事に関しては「聖人君子」たるよう極力努力したきたのである。
ところが先日何のテレビ番組だったか、
「夜間の絶食時間を、11時間から12時間程度きちんと守れば、糖尿病の予防につながる。」
といった内容の放送をしていた。実際ある大学の相撲部の選手を対象にして、朝食直後の血糖値を測定するなどして実験し、効果のあることを証明していた。実験とはいえ、きちんとした環境でやっているわけではないけれど、現象論的に何やら正しいとの印象が得られた。テレビ番組の内容はともかく、私としては30歳の頃からおおよそ40年近くとってきた態度が、自身の健康に役立っていたのだと内心ほっとしたのは事実。ただ寄る歳なみ、爺になって自身の健康に自信が持てないという、弱気が出たのかも知れない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2017年05月25日

悪戦苦闘

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
シンガポールのLIVEに関してである
LIVEと申し上げても、ピンとこないご常連様には、この爺が長年取り組んできたVHF波帯広帯域干渉計についてと申し上げる方が判って貰えるだろう。今はアメリカに戻ったマイケルさんがほぼ2年間にわたって取り組んでくれて、昨年10月末ごろからともかくも稼働中である。この間今日に至るまで、停電による一時停止はあっても、それ以外は機嫌よく動いてくれており、ハードウエアとしては堅牢に仕上がったものと、私なりに納得している。それにこの4月から5月にかけて、マイケルさんの育ててくれた工藤女史が、アラバマで一か月余りのLIVE観測を実施、成果の程は確認できていないとはいえ、まずまず大過なく動作てきていた模様で一安堵といったところである。
ただシンガポールのLIVEに戻って申し上げるなら、観測そのものはかくも電波的に「公害」を受けているこの国で、曲がりなりにも動作できているというのは脅威的である。実際工藤女史のやってくれた急ぎの事後解析結果でも、ぎりぎり満足できる様子だから、LIVE(干渉計)としては、電波源の方位・仰角の計測はうまくいっているのは間違いない。ところがいろいろ確認しているうちに、(方位、仰角)から(緯度、経度)への変換が、何やら怪しいのではないかと思えてきた。早い話長年の感である。とはいえこの爺は、プログラミング言語なら化石時代のFORTRAN派であり、LIVEはなんとPython で書かれているため四苦八苦。企業秘密もあり詳しく述べることはできないけれど、文法書を片手に悪戦苦闘、漸く怪しげな個所に行きつくことができたというのが、本日の落ちである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2017年05月16日

叱られて

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
通りすがりというお方から、コメントというかお叱りをというかを、頂いた。
「自然科学のランキングに登録しておきながら、内容がそうでないものが多すぎる。」
という内容であった。
言い訳するつもりはないけれど、私自身は自然科学者の端くれであることは紛れもない事実、だから更新する内容はなんであれ、自然科学のランキングに登録しておくのが良いだろうと考えた次第である。まぁちょっと気取って、寺田寅彦ならぬ寅キチを気取っているつもりなのだが。
それにもう一点の併せてのご指摘
「不正なことをやってランキングを上げているだろう!」
これは全く誤解されていらっしゃる。
確かに自分自身で、朝、昼、晩とクリックすることもあるが、それを不正というなら弁解のしようもない。やっているのはそれだけのことで、68歳のこの爺あれこれ細工のできる筈もない。ただ3月末以来仲良くなった5名のちびっこファンが、
「善さん、順位を上げよう!」
と応援してくださり、朝晩ちびっこなりの人海戦術を展開してくださっているだろうことを、これまた認めるとしてもそれ以上は全くない。ちびっこも、この爺同様小細工のできる暇も無い筈なので、濡れ衣も甚だしいのである。
ただちょっと気になるのは、いつもは100から200の毎日の入場者数が、数日前一日だけ、なんと1600超となり、私自身
「なぜなのだろう?」
と不思議に思ったほど。ちょうどテレビでは、サイバー攻撃のニュースの流れた日だっただけに、
「ひょっとしたら、ハッキングされているのか?」
なんぞと心配した。
実はこの風塵雷人を始めた当時、一度俗にいう「炎上」したことがあり、それが開設以来の来場者数150万超と来場者数表示の桁数を10桁としている根拠で、あの頃は表示が7桁だったから一度か二度は回っている筈である。
まぁそんなこんなやで、自然科学の内容を意識して上げさせていただく所存ながら、ぜひぜひ「寺田寅キチ」もお認め頂きたく・・・。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白