2020年11月18日

人情は万国共通

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
シンガポールに長く住んで嬉しいと思うのは、この国の人々が総じて高齢者に優しいという点であろうか。公共交通機関である、MRTにも乗り合いバスにも、高齢者や障害のある方への優先座席が確保されているし、それ以外にも必ず席を譲ってくれる。
さて昨夕の事である。
知り合いを訪ねて、帰路はすでに黄昏時を過ぎており、私は最寄りのバス停に急いでいた。その時刻ともなると、バスの頻度は急激に減って15分毎となるからである。ところが運の悪い事に、バス停から100m弱のあたりでバスが走りすぎて行くではないか。とりあえず私は運転手に手を上げ、無理だろうと思いながらも、私なりに小走りで追いかけた。案の定私とバス停までの距離を随分と残して、バスは停留所に到着し、客が乗降を始めた。私は半ばあきらめながらも小走りを続けていたら、降りて走ってきた若者が私に気付き、猛ダッシュしてバスに戻って運転手に何かを語っている。そうこうするうちに、信号が赤に変わりバスは少なくとも2〜30秒は停車を余儀なくされることとなり、私は無事そのバスに乗り込むことができた。親切なその若者は、私のバスに乗り込むのを待って、大急ぎで走り去った。
「彼自身何か急いでいたのだろうに、・・・。」
と、感謝の気持ちで一杯、すがすがしい気分で昨夕を過ごすことができた。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2020年11月17日

東京五輪開催反対

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
一昨日の話題、東京オリンピック開催可否について考えたい。
早い話、天邪鬼な私は、個人的には東京オリンピックの開催に関して、極めて否定的である。翻って1964年の東京オリンピックは、大東亜戦争がゆえに開催を返上した1940年大会補填の意味に加え、戦後復興の様子を世界に知らしめるという意味から、意義のあったことは事実である。1945年には焼野原だった東京、それから20年足らずの間に復興し、駆け足で先進国に仲間入りしつつあった我が国の真剣さを、世界に問うという意味で、大いに有効であったと考えている。
確かに2011年の東日本大震災で、未曾有の被害を被った我が国としては、その復興を再び世界に訴えたいという、その気持ちは理解できる。しかしながら復興は道半ばといえば聞こえは良いけれど、福島原発の惨状は、関係者の努力とは裏腹に、依然として改善されていないうえ、汚染水は増加する一方で、海洋投棄もやむなしといった暴論まで、我が国の指導者から出ている。
私の持論ながら、オリンピックのような「お祭り」は、発展途上の国が開催すべきで、そのことによってその国の人達に幸福感や達成感を持たせるという点で意義があると信じている。
ところがである。今やオリンピックは商業主義の権化であり、発展途上国の開催ではIOCに寄生する、大企業の儲けとはなり難く、クーベルタンの理念は、もはや一顧だにされてはいないのではなかろうか。
確かに若いアスリート達の、世界で活躍したいという高邁な気持ちは理解できるけれど、そんな純粋さを出汁にして何としても開催をと考える、IOCや政府もマスコミ報道、私には間違っているように思えてならない。だって若い力のあるアスリートは、開発途上国にも大勢いるんだもの。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2020年11月16日

ソフトバンクに期待

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
パシフィックリーグのクライマックスシリーズは、かくもあっけなく終わってしまった。ソフトバンクホークスの2連勝で、リーグ代表となった。セントラルリーグは今年クライマックスシリーズがないので、日本選手権への代表は読売巨人軍だから、これで4年続いて読売巨人軍対ソフトバンクホークスということになる。来週末から始まる日本選手権、パシフィックリーグファンとしては、ソフトバンクホークスの勝利を期待するばかりである。
ご常連様は、たかが日本選手権と一笑されるかもしれない。確かに1960年代、1970年代には日本の野球とアメリカのベースボールには、とんでもない程の実力差があったことは事実だろう。実際、シーズンが終わって物見遊山気分でやってくる大リーガーと日本選抜との対戦は、たまには日本選抜が勝つことは有っても、10試合ほどの対戦で8割程度は大リーガー側の勝利だったという記憶がある。いつの年だったかカージナルスがやってきたときは15試合程度の対戦で日本側がわずか2勝しかできず、小学生ながらに衝撃を受けたのを覚えている。
それでも昨今は、大リーガー達に
「太平洋の向こうには、ベースボールと違う、野球というボールゲームがある!」
と言わしめるほどで、言い換えれば彼等も一目置くほどになっているのは事実なんだろうと願っている。

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年11月15日

第三波が来たぞ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
よくよく考えてみれば、今日は七五三参りの日だ。
なぜ11月のこの時期、こんな行事があるのかは知らないが、今年は偶然日曜日。ただ新型コロナ騒ぎのうえ、その第三波が来ているらしいというから、今年は盛り上がりにはかけるだろうが已むを得まい。
いずれにしても、昨日の感染者数日本全国で過去最多、連日のように最多を更新している。
「冬が来たら・・・。」
と、懸念されていたとはいえ、なんとも不気味な第三波である。
ちなみにシンガポールでは、現在では新規感染者は外国からの旅行者や帰国者に限られており、新型コロナウィルス対策は、ほぼ完全とは私の印象である。それでも依然「取り締まり」は厳しく、またシンガポール市民も自制ができているとの印象が強い。翻って我が同胞はどうなんだろう?
カラオケ、飲食、旅行等々、まぁ政府がGo to travel だのGo to eatだのと言って、援助という名の煽りをしているのだから、冬場を迎えてますますの感染爆発がありそうだ。今回の第三波では比較的年齢層が高いという報告もある。我が国政府としてはアメリカでできたというファイザーのワクチンに吉しているのだろうが、それとて効能は極めて怪しいというのが、一応科学者のはしくれとしての私の実感。政府のこのあたりの態度は、
「なんとしても来年のオリンピック開催を!」
と目論んでの事だろうが、国民を窮地に落してのオリンピックかと、腹立たしくさえある。若いアスリート達の気持ちも分かるが、ここはまず冷静に考えてもらいたい。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年11月14日

地下鉄の13階段

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
これまでに何度かMRTのことは書いてきた。
日本でいう地下鉄みたいな公共交通機関で、都市部では地下を、郊外では高架を走っている。日本と大いに異なるのは、ほぼ無人運転を実現している点であろうが、今日の話題は乗降用の階段についてである。
バリアフリーが徹底されていて、エレベータ、エスカレータの完備は言うまでもないけれど、難点はエスカレーターの故障やその点検の多さであろう。このMRT地下も高架も日本に比べて随分と深いし高い。東京では大江戸線が随分深いけれど、ここシンガポールではあの深さがほぼ標準ではないかと、私は理解している。まぁ色々その理由もあるのであろうが、地下は核シェルターの意味に違いなかろうという印象である。
さて地下駅や高架駅を利用するときのことである。
急ぐときには、エスカレーターやエレベータを利用するけれど、健康維持の意味で階段を利用することも多い。そして階段を上るときも下るときも、なぜかしら私はその段数を数える癖がある。毎日のように利用している最寄り駅なんぞ、数えてみたところで段数の変わる筈もないのに、ついつい数えるのである。最寄り駅の段数、13段が4組で構成できているので、
「西洋人なら13段は忌み嫌うのになぁ。」
と考えたりもする。
それにしても13段かける4の高さだから、最初にも述べたように高架の高さは御想像いただけるだろうか?ちなみに13段を一組としている駅が随分と多いような気もする。15段という駅もあるにはあるが、13段にこだわっている理由を知りたいものである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2020年11月13日

紅葉の季節

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日本は、秋が深まってるみたいやなぁ!
インターネットを使っての遠隔会議で、画面に出てくる日本の友人の装束は、冬用やないか。
一昨日なんかMT君が、
「今夜は、暖房入れました!」
ちゅうとった。
ほんまにこの季節感のずれは、何ちゅうかなある種のカルチャーショック受けてまうなぁ。なんせこっちは、毎日半袖やもんなぁ。日中に家の外に出て、日射しの下を歩いたら、くらくらと来そうになるでぇ。
そいでも何回か書いてる思うけど、この国の難儀なんは、過剰冷房な点や。電車やバスは設定摂氏20度くらいちゃうか?ほんで会社も、気ぃ付いて寒いなぁ思うたら、冷房の設定20度になってる。そいでわいは28度に上げるんやけど、知らん間に元に戻してる誰かがおるんや。設定の規定値20度ちゃうんかと疑うてまうなぁ。
ほんで日本秋のこっちゃ。
フェースブックなんかに、日本の古い友達が、一週おきくらいに紅葉の写真上げてるんやけど、ほんまに晩秋ちゅう感じや。
ほんで思い出したんは、大学三年か四年の秋のこっちゃ。
タイトル忘れたけど、郷ひろみの歌が流行っとったんちゃうかな。
同じ学科のYK君が、自動車買いやって、ほんで仲の良かった四人で京都に行こうちゅうことになった。あの頃は娯楽ちゅうたら、麻雀ぐらいやったんやけど、たまにはドライブやちゅうて、西国街道走って京都に行ったんや。確か八瀬大原辺りまで行った筈や。落柿舎をわざと「おちがきしゃ」ちゅうて喜んだなぁ。あんころは、お金もなかったんで,紅葉見て歩いただけなんやけど、この時期になったらなつかしうて思い出すなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年11月12日

女川原発再稼働近し

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
東日本大震災で止まってしまった女川原発、事実上の再稼働が決まったそうだ。
ただその説明に立った知事の言葉、とても認められるものではない。
いうに事欠いて
「原発がある以上、事故が起こる可能性はある。事故があったからダメとなると、すべての乗り物を否定することになる。技術革新をして人類は発展してきた。」
といった屁理屈で、再稼働を容認していらっしゃるらしい。
いやはや暴論、居直りとしか言いようのない答弁である。
私とてどうすればいいかの答えを知っているわけではないものの、こんなごり押しは頂けない。
「大人が酒を飲むのだから、子供が飲んでもいいだろう!」
といった如きたとえといえば言い過ぎだろうか?
それにしてもである。
来年3月であの震災から10年の歳月が流れたというのに、メルトダウンした福島原発の問題は、何一つ解決されていない。先日も書いた溜まり続ける汚染水、五輪招致では
「完全にコントロールできています!」
なんぞと大ぼらを吹いて、まんまと招致に成功したけれど、現状を世界の人々がどう反応するだろう。ここは正直に
「漏れてしまった放射能は、現在の技術ではどうしようもありません。とんでもない長い時間をかけなければ、元には戻りません。」
と告白し、耐えねば仕方がないのかもしれない。いずれにしても、原子力の話はなかなか拉致のあかない袋小路なのであろう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年11月11日

政治家の資質

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
私は、マスコミ報道を信じていないわけではないが、それでも
「100%の透明度ではないだろう!」
と、理解している。大仰にいうなら、政府に忖度することもあれば、世論に忖度することもあると考えており、それはそれで止むを得ないと割り切っている。だから時の話題を論じるとき
「マスコミ報道の内容を100%受け入れるとして・・・。」
といった、枕詞を付けて思案を巡らせる。
とはいえ、アメリカ合衆国の現大統領ドナルドト・ランプの振舞には、報道側の「悪意」を割り引いても、私の知る限り歴代最悪の大統領としか思えない。早い話国際的には、WMOを脱退したり、パリ協定から離脱したり、合衆国内に関しては保険制度を止めたり、デモの鎮圧に軍隊を差し向けたりと、まるで専制君主のごときではないか。今回の選挙でも
「不正がある!選挙が盗まれた!」
と騒ぎ立て、選挙結果を尊重せずいたずらに時間を潰しているとしか私には思えない。
そして私のような印象を持つ報道関係者に対して、えらく批判的な朝番組のコメンテーターを見て、私は驚いた。
確かに私の友人にも
「トランプが勝つ方が、株価も上がるだろうし我が家にとっては良い。」
と仰る友人もいるけれど、それは米国内のトランプ支持者とまぁ似たような都合からで、政治家として彼を見る場合、個人的意見ながら私は認めたくはない。そしてこういった考えは、私だけではないと信じている。
かかる意味で、あのコメンテーター氏の立ち位置、私には理解できない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2020年11月10日

クライマックスシリーズ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
野球狂の独り言、もちろん日本の話やで。
セントラルリーグは、読売巨人軍の優勝、せやから日本手権は巨人軍が出るねん。
パシフィックリーグは、ソフトバンクホークスが優勝して、二位がロッテマリーンズ、せやからクライマックスシリーズで、この二チームが対戦や。本来やったら、二位と三位が戦うて、勝ち乗った方が一位チームと対戦するところやけど、今年は新型コロナウィルスの大騒ぎで、変則的やなぁ。まぁそいでもセントラルリーグみたいに、クライマックスせぇへんよりは、ええとしとこう。
こないだも書いたように、ペナント戦では、ロッテはソフトバンクに分がええよって、クライマックスシリーズの結果が大いに楽しみや。順当に行ったら戦力的に優位のソフトバンクが勝つんやろうけど、なんせ三試合だけの短期決戦やからほんまのとこどう転ぶかわからへん。個人的には、読売巨人対ロッテマリナーズちゅう、日本選手権も新鮮でええように思うんや。ほんでわいは、パシフィックリーグ贔屓やよって、日本選手権でもロッテが勝ってくれると嬉しいでぇ。どっちにしても、まずはクライマックスシリーズに興味津々や。
なんでセントラルリーグは、クライマックスシリーズせぇへんのかなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年11月09日

新しい住い探し

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
シンガポールにきて7年余り、会社に近いパシリス地区に住んでいる。ただその大家が、来年5月の契約の更新はしないといっているらしい。そんなわけで、昨日はクイーンズタウンまでビューイングに出かけた。クイーンズタウンは、今住んでいるシンガポールの東部から見れば、随分と西よりになるのだが、新型コロナウィルス禍で、在宅勤務が多くなり、職住接近の必要性もなくなり、それこそ「河岸」を変えようと考えた次第である。
さて不動産屋とは、現地集合1時半の約束をしてあったのだが、定刻になっても現れない。少し待って、電話をしてみたら
「急に都合が悪くなったので、同僚を向かわせるから、2時15分までまてるか?」
という。無責任だといささか腹も立ったが、来ないという以上同僚を待つしかあるまいと腹をくくった。
ところがである、2時15分になっても、20分になっても現れる風が無く、気の長い私もさすがに我慢の限界と、再度不動産屋に電話をすれば、ほどなく同僚というのから電話があり
「コンドミニアムのなかの、貸し物件にいる。勝手に入って来てくれ。」
と、極めて無責任な対応である。
そしてその部屋を訪れてわかったのが、何組か借りたいという客がいて、ビューイングを既に開始していたということ。
「こんなことなら、一時間以上も入り口で待つことがなかったのに!」
と、臍を噛む思いであった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活