2019年06月16日

不親切やなぁ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
知り合いのマンションを訪ねた。
といっても初めての訪問で、先方からは最寄り駅、出口の番号、バスの番号、下車するバス停名に加え
「バスを降りたら、バス停にくっついている歩道橋を、渡ってください。そこがちょうどマンションの裏になります。」
と丁寧なメッセージをいただいていた。ただこの国で不便なの、バスの運転手さんが意外とバス停名を知らない点で、果たして昨日も案の定
「私は路線通りに走っているだけで、停留所の名前なんぞは知らないねぇ!」
とにべもない。それなら停留所毎に名前を見ていくしかあるまいと、目を凝らしながら止まるたびに確認を続けていたが、なかなか該当の停留所に到着しない。
そしてバスの進む先に目をやれば、バス停に隣接して歩道橋があるではないか。
「あれかなぁ?」
と躊躇していたら乗降客がなく、バスは素通りしそうな勢いである。私は思わず
「止まってぇ!」
と運転手に声をかけ、バスは停留所を少し過ぎたところで止まった。
「外れだったら次のバスに乗ればいいや。」
と腹を括って下車。バスは無常に走り去り、
「バス停名は?」
と確認すれば、これが運のよい事にビンゴではないか。ということで、まずはめでたしめでたしめでたし。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2019年06月15日

土曜出勤

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
久々の土曜出勤。シンガポールにきておおよそ6年。この間土曜出勤は、多分十指に余る。阪大に在職中話を、土曜日は殆ど研究室に出向いていた。それどころか、午前七時出勤、午後十一時退室といった具合で,裁量労働制だったからいいようなものの、残業時間月200時間なんて普通であった。というのは、あの頃は常時博士課程学生を数名は抱えており、一度議論が始まると、半日程度費やすことも多々あり事務作業を処理するのに就業時刻前の二時間が貴重だったのである。
話がわき道にそれてしまった。土曜出勤の話である。
懸案だったプロジェクトがようやく実現できそうな雰囲気になってきており、その打ち合わせのため、関連する数名が集まっての会合が、今日なのである。ただ今まで何度もぬか喜びの憂き目にあっており、
「下駄をはくまでは!」
と、ふんどしを締め直し会議に臨んでいる。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷の研究

2019年06月14日

バスで移動

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日AMKHUBアモキューハブに出かけた。
MRT red lineの一駅ながら,自宅のあるパシリス駅からgreen lineを利用してシティホール乗り換えで行けるのだが、それだとシンガポール島を半周近くする事になり、一時間半もかかってしまう。ところ我が家のマンションの近くのバス停からだと、ほぼ真西に向かうだけですみ、一度の乗り換えが必要といえ40分程度で到着できる。従ってバス利用は当然、とはいえ乗り換えのバス停をはっきりと記憶していないし、日本のように車内の表示があるわけではない。その点が若干の難点、くどい様ながらバスでの移動なのである。
そのアモキューハブには、ほぼ約束時刻の正午少し前に到着し、コーヒーを注文して飲み始めたところに、待ち人のマークさんが登場
「なんやいつもゆっくりやのに、今日はえらい早いやん」
と、からかい気味に語りかけたら
「もうここでランチにしよう。」
と、何やら急いでいる風である。聞けば急な会議が入ってランチ後に職場に戻るとのこと。あわただしい出会いとなったものの、ともかく預けていたアンテナケースが返せてもらったので、mission completedだった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2019年06月13日

PCこわれた

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
またまたパソコンが不調になった。昨年末に買い求めたDELLのラップトップである。その前に使っていたのは、Let’s noteで、8年も大禍なく使っていた事を考えると、やはり日本製は質が高いと結論したくなる。この爺が決して国粋主義でないことは、常連様ならご理解頂けると、ある意味確信しているけれど、その爺にしてかくのごとくなのである。これはわが国の長年にわたる製品の質の管理努力の成果なのだろう。1950年代にはまだ「日本製は安かろう悪かろう。」とさげすまれているといった話を聞いた覚えがある。というのも今となっては死語に近い舶来品という言葉があって、欧米からの輸入品を珍重していたほどだから。
ところが電子立国日本と言われた1980年代には、日本製すなわち高品質という、良い意味のレッテル頑が貼られるるようになってしまったのである。 この稿続く

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2019年06月12日

イージスアショア

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
イージスアショアの基地選定に関し、現地測量をすることもせず、グーグルアースで計算して不適格としたら、その「簡易測量」に誤りがあったということで、ちょっとした社会問題化している。まぁ手抜きするなら抜かりなくが常識だろうが、そこはお役人ざまの常、平民には気づかれないだろうと、たかをくくったか。手抜き計測はさておき、この爺の気になるのは、こういった基地はひとたび戦時となれば、相手国の攻撃目標になるのが、まず常識。そのことを住民の方々にきちんと説明してあるのだろうか?国防のために必要ということを理解したとしても、不安定な気持ちは否定できないだろう。そこをお役人様の論理で、女将の決めたことなんて、ごり押しをじてないでしょうなぁ??

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2019年06月11日

アリスの知恵

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
またまた、愛犬アリスのことである。
最近ようやく街のあちらこちらに散歩させることが可能になったことを何度か述べている。その散歩の際に気付いたことである。
シンガポールは雨水の対策が良くできていて、街中ではかなり深い専用雨水隧道がある。歩道にはところどころ縦坑があって鉄板やグレーティングが置かれており、水路の詰まり具合の点検や補修に利用されている。アリスを散歩させると、鉄板の上は意に介さず歩くのだが、グレーティングは必ず避けて進む。いつから避けるようになったのかはっ記憶にないが、多分何度か歩くうちに、下が見えるので恐怖を感じたからか、あるいは歩き心地が肉球にあたあるグレーティングで不快を感じたからか、のいずれかだろうと私は理解している。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2019年06月10日

二人のコメント

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日本では、今日は確か時の記念日。ものの本によれば、日本書紀に記載されている天智天皇の「漏剋」(水時計)の完成した日を太陽暦に焼き直して6月10日と定められたそうな。滋賀県の近江神社でそのレプリカを見たことがある。

さて本題。
先日の小学生殺傷事件の犯人に関し、人気のある二人のタレントさんが、いうなら真逆のコメントをしている。
お一人は
「生まれつきどうしようもない人間がいるんです。」
といった具合の内容で突き放すがごとき。いや明らかに上から目線で、ここ数か月社会問題化している「優性」思想と同じ立ち位置で、この爺は個人的には受け入れることができない。もう一人は、問題の本質に迫る内容で、その方の芸風にも迫るものがあり、爺としては好印象を抱いた。
そもそも論ながら、そしてこのブログでも何度か書いてきているように、近年のお笑い系の質が低く、他を陥れて笑いを取る人気者が多い。いまにして考えれば、1980年代に人気をえた、「ひょうきん族」あたりがその発端ではなかったろうか。個人的には見るに堪えないとの印象を抱いて、私は視聴することがなかったように覚えている。ただ以来この種の笑いが主流となり、学校でのいじめが顕在化したのではなかろうか。責任を番組に転嫁するつもりはないが、・・・。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2019年06月09日

アリスと散歩

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日頃留守番をさせがちなアリスと、週末は一緒に過ごすようにしている。
そして最近一か月は、夕方の散歩で近所のパシリスパークまで足を延ばすことが多い。公園多くのほうまで歩いて戻ってくれば、おおよそ1時間5kmほど。私自身にとってもいい運動になる。何度も紹介しているように、アリスは生後1年5か月のトイプードルで、まったくの内弁慶。満一歳になるころまでは、散歩に連れ出しても足がすくみがちで、抱き上げると震えていることも多かった。そんなアリスを心配する近所の小学5年生のお嬢さんの助言で、3月にパシリスパークまでピクニックに出かけたのがきっかけで、少しずつ散歩できるようになった。やはりなれなんだろう、さすがにトラックや大型バスには足をすくめてはいるが、隣を走るのが乗用車だけなら信号のある交差点も渡れるようになってきている。
そして昨日は方向を変え、MRTのパシリス駅まで行ってみることにした。なんといっても駅舎には人が多く、怖がりのアリスにはいい訓練と考えたからである。そんな私の意図を知ってか知らないでか、アリスはいつものように、若干警戒しながら歩く。気が付けば尻尾を腹に巻き込んでのおっかなびっくりの歩きようである。おっかなびっくりにしては、とことこと歩みは随分速い。さらに駅舎内では、速足で追い抜いていく人、向こうから歩いてくる人等々、気に掛ける風でもなく、大勢の中でも気後れする封はない。
「ならこの尻尾を巻き込んでいるのはなんで?」
と尋ねても答える風はなく、むしろ興味をひくようなものには積極的に近づこうとする。まぁこれも成長の一過程かと、納得しながらのアリスとの散歩であった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2019年06月08日

100m 9.97秒

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今朝飛び込んできたニュース。
「サニーブラウンが、100mで9.97秒の日本新記録」
いずれ出るだろうとは考えていたけれど、意外と早かった
アメリカ・フロリダに拠点を移して2年目、全米大学選手権決勝での記録。東京オリンピック2020年に備え、国をあげてメダル獲得のための支援があってのことだろう。
2020年のことはさておき、この爺が高校1年生だった1964年の東京オリンピック、あの頃は陸上競技でメダル獲得なんて、素人目にはとても考えられなかった。とはいえ後にプロ野球に代走の専門家として入団することになる飯島選手がいて、少しは期待もしていたけれど、準決勝どまりではなかったろうか。そして飯島選手の師匠が第二次大戦前「暁の超特急」と呼ばれた吉岡隆徳で、ベルリン大会ではメダルをと期待されていたとも聞く。以来一世紀近くを経て、ようやく我が国の単距離走も、世界レベルとはいかないまでも、届きそうな雰囲気が出てきた気がする。そのきっかけが数年前の桐生選手、サニーブラウンには抜かれたけれど、日本人として初めて9秒台を出した選手。ほかにも数名有力選手がいて、だから互いにっ切磋琢磨して全体的なレベルが上がっていくに違いない。しばらくは楽しめそうである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2019年06月07日

四つの新年

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日朝、出かけにマンションの管理人にばったり。
管理人室は9時からで、ちょうど出勤したところだった。
思わず
「Happy Hari Raya!」
と声をかけたら、
「この国には、Deepavali, Hari Raya, Chineese New Year とNew Year の四つがあるんだ。ヒンドゥー、モスリム、中華系、そしてクリスチャン。四つの民族に平等なんだ!」
と教えてくれた。
彼の説明によれば、四つとも「新年」だそうで、どの宗教や民族にも平等にという、50数年前に独立した時の精神を守っているそうな。
随分と以前にも書いた記憶がある。
良く知られている様に、イスラム教徒には飲酒は許されていない。だからエジプト滞在中、会食には随分と不便を感じた。一度日本人主催の会食で、
「日本人が主催だから、アルコールを出すよ!」
と威勢の良い責任者がいたけれど、あの時は何故か白けてしまったことを覚えている。
ところがである、ここシンガポールでは
「モスリムには、飲酒しない自由があり、そうでない人には飲酒する自由がある。」
というのが基本的な考え方で、本当にフランクな感じでビールとジュースの乾杯がある。飲酒派が気分高揚で盛り上がっていても、モスリムの出席者はごく自然に振る舞っている。ここに至るまで、あれこれあったのかも知れないが、今日では
「大人の国やなぁ!」
と、感嘆せずにはいられない。この爺は、少なくともこの点においてシンガポールという国に敬意をいだいている。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活