2024年02月07日

猪猟

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今回の一時帰国では、すっかり母の従妹家族の世話になってしまった。
正確には母親の従妹の御子息、だから爺から言えば二従弟という事になろう。
この二従弟、狩猟が趣味で、害獣の猪の駆除に関わっているそうな。
爺を関西空港に送ってくれた翌日には、淡路島に出かけていると聞いた。
そして翌日というから一昨日月曜日には、その母上から
「今回はえらく大きな猪を捕まえたようです。」
と知らせてきて、写真まで添付してあり、確かに大きく100キロほどある様にも見える。
この二従弟、狩猟に加え猪もご自分でさばくそうで、次回の帰国時には
「バーベキューしましょう!」
と、うれしいお申し出もある。

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2024年02月06日

予防接種

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日本に一時帰国していたことは、既にお伝えしてある。
つまるところ一昨日には、シンガポールに戻っているのだが。
さて今回の一時帰国、天邪鬼爺の生まれ故郷に滞在しての足掛け十日であった。
大寒の時期らしく、関西空港に着いた翌日は、今冬一の寒波という事で、常夏のシンガポールから戻った老人の身には、大いに堪えた。おまけに帰国する数日前には、30代の若者二人と、二日でおおよそ800kmを走破するという強行軍を余儀なくされ、その結果と言おうかひどい風邪を招いてしまっていた。その風邪もようやく収まりだした頃に、一時帰国で最強寒波と遭遇、さすがにぶり返すことはなかったけれど、回復は確実に遅れた。とりわけ眠りついたかなというときになっての、激しい咳込みこれは本当に辛かった。それでも日にち薬、ようやくかかりつけ医に診察していただく暇ができた頃には、聴診器を当て
「肺には雑音ありませんし、脈も順調ですから歳並み以上にお元気です。」
と誉め言葉、励ましの言葉まで頂いて、シンガポールに戻ったのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2024年02月05日

立春も過ぎた

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
アメリカ合衆国が、またまた中東で戦争を始めた。
イランの軍事関連施設を空爆し、45人の犠牲者を出したという。
正確にはドローン攻撃を受け戦死者を三名出したので、その報復という事らしい。
民族主義で申し上げるつもりはないが、肉食人種には
「目には目を」
という考え方が、根底に流れているようだ。やられたらやり返さずにはいられないらしい。
国対国をこの考え方で営んでいる限り、永久に戦争は無くならない。
イスラエル対ハマス、ロシア対ウクライナ、イラン対合衆国。
困ったものである。

日本から戻って、二日目。昨日日曜日はゆっくり休んでいたので、少し疲れも取れたようだ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2024年02月04日

営業努力

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
シンガポールに戻ったのが、日が新しくなった2月4日の午前12時45分頃。
「歳には勝てないなぁ!」
の実感、改めて感じている。朝起きて直後だというのに、疲労感である。
さて貝塚の事。
一昨日町内を散歩していたら、バイクに乗る菩提寺・大福寺の和尚が、民家の郵便受けにチラシ風の何かを投函しているのを見かけた。
「この寒いのに何してますの?」
と尋ねたら、
「今月法然上人の御忌で、その案内です。」
とおっしゃる。そして
「こうやって案内を配っておかないと、お参りしてくれないので!」
と続けられたので、例によってこの天邪鬼爺は
「和尚も、営業活動せんとあかんわけですなぁ?」
と、かる愚痴をたたいた。和尚は
「そう営業努力です。」
と何の屈託もない返事で、颯爽とバイクで駆けて行かれた。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2024年02月03日

節分

今日は節分 豆まき 鬼は外・福は内
⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今日は節分 豆まき 鬼は外・福は内
この爺が子供だった頃、節分を「年越し」という習わしがあった。
そして今朝のテレビ番組でも、「年越し」と呼んでいたと紹介していた。
だから「年越し」そばは、節分の夜に食べたというのである。
中国の旧正月を祝う習慣とは、少し違うような・・・。

さて今回の日本への一時帰国は、足掛け十日に及んだ。
そして今日夕方、関西空港からシンガポールに向かう予定。
今回の一時帰国の主目的は、SSH(岸高)のお手伝い、生涯教育活動(健老大学)のお手伝い、そして白内障の(淀川キリスト教病院)の後の経過観察。白内障の術後はさておき、緑内障や加齢黄斑変性とかかえている。ただ木曜日の視力検査では、矯正視力ながら右眼1.5左眼1.2と期待以上の回復ぶりとなった。手術前は、矯正しても0.6程度だったことを考えれば、まさに劇的とでもいおうか!ただ反比例するように、左耳の不快感はひどくなっている。(かなわんなぁ!)
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2024年02月02日

老人病の総合商社

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
二月如月に入った。
昨日は、思いのほか気温は低くはならなかった。
そんな日、この爺は淀川キリスト教病院に出向いた。
皮膚(いぼと爪水虫)、泌尿器科(頻尿)、耳鼻科(難聴)、そして眼科(白内障)の四科掛け持ち検診である。いちびった言い方ながら、75歳ともなれば、老人病の総合商社の様である。
そして来月からは、これに総合内科を加える予定。
貝塚市の自宅の近くにある、Yクリニックはいわばホームドクター(かかりつけ医)で、血圧の管理で長くお世話になって来たけれど、しばらくは淀川キリスト教病院をホームドクターとしてお世話になることにした。つまり、淀川キリスト教病院なら、五科を一日で回ることも可能だから、効率的と考えた次第なのである。実際一昨日にはYクリニックに出向き、血圧やコレステロールの薬を一か月分出してもらった。それで半日かかるのだから・・・。それはさておき、長くお世話になって来たY医師に
「しばらくお世話になりませんが、2028年を過ぎて仕事が一段落したら、戻ってきますから。」
とことわりを、一昨日には申し上げておいた次第である。仁義を切っておいたという事になろうかなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2024年02月01日

能登半島地震から一か月

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
能登半島地震から、明日で一か月。
依然として、復興の道筋は見えていないという。
電気はようやく復旧したようだが、水道の完全復旧まで、あと一か月は必要との報。
倒壊した家屋の片付けには、あとどれくらいかかるのだろう?なんといっても、この時期の北陸地方は天候が、復興のための作業を行うのには適していない。降雪が大いに邪魔をするからである。
復興のための道筋についての、明確な情報は流れてこない。
ちなみに昨日時点で犠牲になった方は238名、不明者数19名。
阪神淡路大震災に比べると、能登の犠牲者の総数ははるかに少ないけれど、これは人口密度というか住民の総数の差によるだけの事。能登半島地震は、激甚災害に違いない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2024年01月31日

TOYOTAお前もか 2

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
何度か似たような内容を揚げてきたが、今日もまたまた繰り返してしまう。
それは大企業の認証試験データ捏造の不祥事である。
数か月前だったか、子会社となっているダイハツの検査データ捏造事件が明るみに出たとき、
「まさか親会社のトヨタはやってないだろうなぁ?」
といった考えが頭をよぎった。
なんといっても世界一の自動車販売数を誇る、大会社である。そんな世界に誇れる世界有数の大会社が、検査結果を捏造とは・・・!
ものつくり大国日本の誇りはどこへいってしまったというのだろう?
この種のスキャンダル、この爺が大阪大学で「工学倫理」を担当するようになった2000年以降、いやはや切れ目なしに次から次へと出て来る。
そしてこの爺は、
「失われた10年から失われた20年。さらには失われた30年に!」
と、自戒を込めて反省している。自戒の意味は、
「こんな社会になったのは、我々世代の責任でもあるから。」
の意味なのである。
爺一人ではどうにもならないことは自明ながら、団塊世代の一人として
「この体たらくを招いたのは、我々世代の責任もある!」
と、考えている。
だからと言って解決策があるわけではないのだが。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2024年01月30日

TOYOTAお前さんもか?

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
大相撲初場所は、結局横綱・照ノ富士が優勝した。
霧島にしても琴の若にしても、照ノ富士にはこれまでの対戦で一度も勝っていないのだから、当然と言えば当然の結果。ただそれでも優勝決定戦まで持ち込んだ関脇の琴ノ若、大関に推挙されそうだから、大相撲協会としては日本人大関の誕生で、とりあえずはめでたしといったところなんだろう。モンゴル勢の天下が続いている今日、生きの良い和製大関、横綱は喉から手の出る程欲しいというのが本音だろうから。ちなみに大関霧島の綱取りは白紙に戻ったという。個人的には贔屓の関取だけに、捲土重来を期待している。
話しは変わるが、今日は岸和田市の「健老大学」で雷の講義をやらせていただく。この種の講義は本当に久しぶりで、十年ぶりではなかろうか。つまり講義と言っても専門出ない方々に対しての、いわば教養講座で、考えてみれば放送大学以来だから7年ぶりという事になろうか?
乞御期待!

またぞろ適合検査不正。
トヨタ自動車本体にもあったようだ。ランドクルーザー等が、当分販売中止というから。
政治家センセイのキックバックスキャンダル。
私の国日本はどうなってんね?!

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2024年01月29日

アカデミックハラスメント

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日のネット新聞の第一面に、大学病院でのアカデミックハラスメントの特集記事があった。
私自身、元大学教員だけに見過ごしたくない記事である。
女性医局員が、手術前に教授に怒鳴られる話や、論文の第一著者から外される話等々、さらには子育ての苦労話しもあって、相変わらず難しい問題だなぁと思う。
ちなみにこの私、大学教員だった頃、若手のスタッフや学生に怒鳴ったことは記憶にない。
逆に若かったころに、第一著者になれると信じていた論文は、指導して下さっていた先輩から
「僕は善さんに学位取らすために指導しているんちゃうから。」
と明言され、残念ながら第一著者になれなかったけれど
「それもごもっとも!」
というしかなかったし、そのことで吹っ切れたことも事実であった。
この種の問題は確かに微妙で、立場の上の者が決してハラスメントの意識が無くても、受けている側の意識次第で、
「ひどいハラスメント!」
と、受け取られることも結構あるだろう。
月並みなようながら、この種の問題は立場の上の者と下の者の間の相互信頼が基本であろうから、信頼関係の構築が無いようだと、𠮟責即ちハラスメントとなりかねない。一方教育とは、される側の誤りを是正し正しい方向に導くこととも理解できるから、一概に叱ること即ちハラスメントとはならない筈だが。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張