2021年11月17日

仔犬育て日記 2

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
四匹の仔犬達、生後三か月を、ほぼほぼ無事過ごした。
獣医さんで三度目の予防注射を打ち、帰宅したのが昨日午後三時半頃だったろうか?
いずれにしても、
「ともかく責任を果たした。」
と、ほっとしたのがいけなかったのだろうか、ついつい昼ご飯を沢山与えてしまった。
それも仔犬達の餌を、昨日から仔犬用のドライフーズに変えたので、仔犬達の胃袋に入ってから大きく膨らむ。仔犬達にしてみれば、食べているときの満腹感が薄いため、ついつい食べ過ぎてしまうようだ。そんなことは普段なら気が付く筈なのに、昨日は全くそんなことは考えなかったのである。その結果、日が暮れてから仔犬達は、食べた大半を戻してしまう結果を招いたのである。
好事魔多しである。
ただよくできたもので、食べたものを戻してしんどい筈なのに、仔犬達は極めて活発。さらに排便もいつも以上で、爺の失敗は大事には至らないようである。ただ少しは懲りたのか、あるいは胃袋が未だ疲れているのか、今朝の食欲は、いささか低いようでもある。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2021年11月16日

仔犬育て日記 1

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今日午後、四匹の仔犬達の三度目の検診、予防注射である。
これを終えれば、仔犬達は「晴れて自由の身」となる。
とはいえ、現時点で行き先の決まっているのは、牡の第一子・トーゴ(Togo)だけ。
つまりTogoは、四匹の父親であるTin Tinのオーナーが、いわば種付け料として欲しいと主張され、私達も反対する理由もなく、早いうちから合意している。
何度かこのブログでも紹介したと思うが、他の三匹はすべて牝で、第一子に比べて総じて穏やかな性格である。今のこの時代、牡だから牝だからというのはGender差別のそしりを受けるやもしれないが、明らかに第一子と第二子Nicoの性格は異なる。
早い話Nicoは争いを好まないのに対し、Togoは気が短いうえ気に入らないことがあると、噛みついてくる。そんな時には首根っこを掴んで。
「噛みついてはいけない!」
と語りながら、しばらく自由を奪うようにする。それでもしばらくは唸りながら抵抗の姿勢を見せるけれど、やがておとなしくなる。
近くの犬好きの女性に尋ねたところ
「三か月までは、教育はできません。三か月を過ぎてから六か月ころまでに、教育すれば、プードルなら十分賢く育ちますよ。」
と教えてくださった。
その言葉を頼りに、爺の仔犬教育の始まりである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2021年11月15日

かにかま

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
朝日新聞・天声人語氏から仕入れたネタである。
「かにかま」が初めて作られて、50年だという。
最初に作ったのは、石川県七尾市の会社で、当初はクラゲのまがい物を狙ったらしい。ただ出来上がりの食感がまさに蟹で、改良を加えて出来上がったのが、今のかにかまだという。
ちなみに当地で「かにかま」を買い求める際には、「Imitation crab」といえば通じる。
大阪弁風なら、「パッチもんのカニ」ということになろうか。
天声人語氏いわく、
「偽物とわかっていながら、皆が重宝がって使うので、売り上げは思いのほかの多さ!」
らしい。それも国内に限らず、欧米でも大いに売れているらしい。
「かにかま」の発明は、ある意味怪我の功名ということになろうが、その原材料のスケトウダラの不漁で、この頃はいささか困っているらしい。
余談ながら、50年前に売りだした頃
「偽物だ!」
という苦情もあったらしいが、半世紀を経て「かにかま」は一つの文化に、それも国際的な文化になっている。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2021年11月14日

藤井時代到来?

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
藤井聡太さんが、竜王位を獲得、これで10歳代での4冠達成である。
昨年まで天敵と言われていた豊島さんに、四連勝してだけに意義深い。
気の早い新聞なんぞ、早くも
「藤井時代の到来!」
と書き立てている。
新聞にもコメントされているように、藤井さんの進化が早い。早すぎるから、他の棋士たちが追いついていけないというのが、正直なところだろうか。
さらにはこの調子で進化していくなら、すごい「将棋指し」になるのだろう。
運動競技などと違って、スランプなんぞないのだろうかとも考えるが、相手のある競技なので、ライバル達も精進するだろうし、いつも順風満帆とはいかぬかも知れない。そしてつまづいたときどう対応するかで、さらなる飛躍を成し遂げるか否かに分かれるというのが、世の常。いずれにしてもしばらくは将棋の世界から眼が離せない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2021年11月13日

寂聴さん逝く

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
作家の瀬戸内寂聴さんが亡くなったというニュースを、インターネット新聞で読んだ。
享年99歳という。
50歳を過ぎで出家し、大僧正にまで上り詰められた。
私自身瀬戸内さんの作品を好んで読んだかというと、そうでもない。
作家としてよりは、エッセイストやコメンテーターとして興味を持っていたというのが正直なところである。
ただ、古い話ながらまだ「瀬戸内晴美」さんだった頃に、初めてその存在を知った。
毎度ながら古い話で、私が高校二年の時である。
このブログにも時々紹介している幼馴染のY君が、
「善さんこの本、エロ本みたいやで!」
と教えてくれたのが、瀬戸内晴美さんと円地文子さんの著作である。
西暦でいうなら1965年、どうしてY君が二人の女性作家の著作を知っていたのか、今となっては確かめようもない。ともかく単行本で、円地文子さんの本は白い表紙だったような記憶がある。ある意味私達は二人とも早熟だったのかもしれぬが、ともかくドキドキしながら読んだことは記憶にあるが、内容までは覚えていない。ウイキペディアによれば、あの当時瀬戸内さんは、ポルノ作家といった評価を受けていたようで、今日の評価とはまるで異なる。
最初にも書いたように、私自身瀬戸内さんの作品を好きだったというわけではなく、「憲法九条」の存続にこだわっての活動を評価させて頂いていたというのが正直なところなのである。
とはいえ、太平洋戦争を知る人がまた一人旅立たれた。
合掌
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2021年11月12日

未明の嵐

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
午前三時頃、またまた暴風雨。
風きり音のすざましさに目が覚めたというのが、正直なところである。
渋々ベッドをはい出しベランダに出れば、いろんなものがひっくり返っている。
ベランダでは風がほぼ横殴り状態で、雨飛沫が激しい。
雨を検知して降りてくるはずの、シャッターが動きそうにないので、リモコンを操作してシャッターを下ろそうとしたら、5枚の内の真ん中のシャッターが、途中まで降りてきて止まってしまった。風の強さに、またまたレールから外れてしまったのだろう。
止むを得ず、雨に打たれながら腕を伸ばして引き下げれば、それこそ不承不承という感じで、ゆるゆると、降りてきた。ただレールへの収まり具合はあまりよくなく、ベランダの外に膨らんでおり、強制的に引き下げようとした途端、近くのビルに落雷。
いやはや、爆発音に近い雷鳴である。
途端、ベッドで寝ていた仔犬のうち一番小さいのが、ベッドから飛び降り猛然と居間に向かって走った。今のソファーの下の隠れ場に逃げ込んだのだろう。
嵐は小一時間続いたろうか。
にげ出した仔犬は、朝まで戻ってこなかった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2021年11月11日

動かぬ雲

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
知り合いから
「先日の夕立の日に、近所に落雷があってそれでちょっとした火事になったのですが、火事場の上に雲ができて、そのまましばらくその雲が動かずいたんです。どういうことでしょう?」
といった質問を頂いた。この爺の専門が雷の物理という話を聞きこんでの質問らしい。だから最初は
「雷雲が動かないのか?」
と思ったがどうもそうでないらしい。雲の動かないのが、不思議だったようである。
そしてすぐ、スマホで撮影したというビデオ画像を送ってこられて、見ればなるほどと了解。
つまるところ、火災で煤が継続して上に運ばれ、それが種となって雨粒(雲粒)を形成する。夕立の直後でもあり、相対湿度も結構高く、露点温度も思いのほか高く、地上あまり高くないところに、雨粒の集団(見かけ上雲)が形成されるといった現象だったようである。
そういったあたりを、かいつまんでメッセージしながら、もう30年以上も昔、阪神高速臨海線で、泉大津のコンビナートのフレアスタックの上に、似たような雲(雨粒の集団)を見たことを思い出した。季節は覚えていないが、確か雨降りの日だった。
ちなみにあの頃から、私なりに気象学の勉強をし始めた筈である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学一般

2021年11月10日

雷雨

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今朝の風は、熱帯のこの地には珍しく、肌寒ささえ感じさせる。
現在午前10時前で、曇天。英語で書けばOvercastということになろうか。
つけても今朝の涼しさは、昨日午後の嵐の名残だろうか?
その嵐は、昨日午後二時頃から急に始まった。
近くへの落雷、横殴りの雨、そして突風である。
まずベランダの二つの物干しが、無残にも倒れた。
慌ててしまっていると、ベランダのシャッターが閉まりだした。
ただ雨が降り出してしまっている筈のシャッターの隙間から、雨飛沫が容赦ない。
その隙間を、突風がさらに広げる。いやはや、ここまで激しい嵐・スコールも珍しい。
ベランダの洗濯ものを室内にしまい込み、部屋に戻ってみると、食卓にまで雨飛沫が飛んでくる。
「これはたまらん!」
と、ガラス戸を引き椅子に腰を下ろした矢先に猛烈な爆発音。近くのビルへの落雷だろう。
仔犬が大慌てで足下に走り寄ってきて、群がっている。爆発音に近い雷鳴がよほど怖かったのだろう。先程までベランダで雨飛沫を受けて楽しんでいたのに、すっかり怖気づいている。一番小さいのが、キーキーと甘えた鳴き声で、抱いてくれとせがむ。止むを得ず抱き上げた途端に、またまたの落雷。
そしてそんな騒動が小一時間も続いた。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2021年11月09日

仔犬、初めての散歩

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
明日で、四匹の仔犬が生まれて三か月になる。
獣医の話では、三か月までは仔犬達は家の外に出してはいけないということだったが、まぁそろそろ良い頃だろうと、マンションの芝生のグランドまで連れ出してやることにした。とはいえ、四匹にアリスを加えての行軍は生半可ではない。家の中では悪戯盛りの仔犬達だが、家の外に出たことがないだけに、いざとなると座り込んでしまって、明らかに戸外には行きたくないの意思表示をする二匹がいる。他の二匹は、ちょこちょことドアの外に出てえればーたに向かう。さらに母親のアリスは大喜びして仔犬達のまわりを走り回るので、まるでカオスである。リードはつけているものの、座り込む二匹は止むを得ず抱き上げて、エレベータに乗り込んだ。
さて地上階に着きエレベータを降りても、二匹の足取りは重く、アリスは吠えたてて仔犬を鼓舞し、その甲斐あってか一匹はとことこと進みだした。だから都合三匹の仔犬とアリスは、芝生のグランドに向かい始め、進むのを拒む体格の一番良い一匹は、私に抱えられたまま、私が歩を進める。私がニコと呼んでいるこの仔犬、不安なのか爪を立て、私の二の腕に縋り付いている。やがてグランドについて下ろしてやったけれど、依然座り込んだままである。そうこうするうち、アリスと三匹は芝生の上を爆走し、追いかけたり追いかけられたり、はたまた体当たりしてひっくり返ったりと大いに楽し気である。アリスはニコにも来るようにと促しているのだろう、近くにやって来て吠えたて、その甲斐あってかニコも重い腰を上げ、走り出した。やがて四匹は母犬アリスにかまうことなく、自分達だけで芝生の上の爆走を楽しんでいた。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2021年11月08日

CS第一弾終了

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
プロ野球クライマックスシリーズ、二位チーム対三位チームの戦いはともに三回戦まで進むことなく終わってしまった。セントラルリーグは、三位チーム読売巨人軍の二連勝、俗にいう下克上、パシフィックリーグは、二位チームロッテマリーンズの一勝一分けで。それにしても終わってみればあっさりしたものである。とりわけセントラルリーグ、阪神タイガースは例によって淡泊そのもので、野球狂にしてみれば
「おい阪神、勝つ気あるんか?」
と、非難したいところである。
まぁ恨みつらみでいうなら、この阪神タイガースは昔から淡泊で、何度裏切られたことか?いやはや、勝負に対しての執念が感じられない。
相撲に例えていうなら、昭和30年代の大鵬と柏戸のごときで、強弱だけでいうなら柏戸関は確かに強かったが、負けるときはあっさりしたもの、だから優勝回数も大鵬の32回に対してわずか5回、しかし直接の対戦成績にはあまり差が無い筈である。
たとえ話としては、適当ではなかったかもしれないが、皮肉屋爺としてそんな印象を持っているのは、偽らざるところ。早い話、勝負に淡泊なのは何としても頂けないのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 時の話題