2019年09月22日

二人の貴乃花 3

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「心頭滅却すれば火もまた涼し」
といって、信長の焼き討ちに立ち向かった僧がいたという話。
これなんぞも、我が国の精神主義の一面だろう。
そこまで言わずとももっと卑近な例では、頭痛などもその一つと、この爺は常々思っている。というのも、35年前のスウェーデンでの経験辺りがその最初だろうか。ある日職場に行くと、同僚が珍しく欠勤していて、別の同僚が
「偏頭痛がひどいらしく・・・。」
と、彼の欠勤理由を教えてくれた。あの頃の我が国、少なくともこの爺は頭痛ごときで欠勤したことがない。決して蛮勇でもって、
「頭痛ごときで!」
と考えたのではなく、本音で
「大したことはなかろう。そのうちにすっきりするだろう!」
「風邪気味かな?熱もないようだし、ひと汗かけば治るだろう。」
なんて風に考えたものである。日本人皆が皆とは言わないけれど、大なり小なり似たような傾向にあるように理解している。まぁ頭痛の中には、大病の信号が含まれていることもあるようで、配慮せねばならないけれど。
ところがこれが西洋人になると、原因のわからない偏頭痛には、大いに恐怖心を抱き寝込んでしまう方も多いと聞く。つまり論理的に理解できない限り、重病となるようなのである。
この種の西洋と我が国の相違を挙げれば、結構数多く「過労死」、「忖度」に相当する英単語は存在しないこともその例だろう。
「あの日、貴乃花は二人いた。」
の話題から、すっかり飛躍してしまったかもしれないと考えつつも、我が国の精神主義に思案を巡らせている。そしてこの精神主義が、第二次大戦に当たってはすっかり悪用されてしまった、今では「悪の根源」とまで考えられているようだが、天邪鬼の爺はいささか異なった理解を抱いているのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2019年09月21日

二人の貴乃花 2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日の話題を続けたい。
といってもこの爺、我が国の精神主義や根性論を推奨したいわけでは決してない。わざわざここでことわっているのは、最近マスコミ報道を賑わし、物議を醸しだしている、根性論に由来するパワーハラスメントと混乱して欲しくないからである。
早い話20年、30年前なら当たり前だった
「そんなだから強くなれないんだ、グランドを10周して来い!」
「よしというまで正座をしていろ!」
といった、叱責、指導は今日では受け入られないことを知っているし、こういった指導法では、決して思っている成果も得られならなくなってきていることも知っている。さらに言うなら、貴乃花の師匠は、彼らを鍛えるのに竹刀で叩いたと聞くし、その貴乃花の師匠であった初代貴乃花を兄の初代若乃花が、これまた同様の指導で成果を上げたという。ところが、国際化が進み根性論だけでは、色々な競技で相撲に限らず、欧米の合理的な鍛え方に勝てないことが理解され、トレーニング法がすっかり変わってしまったというのが、今日なのだろう。
武蔵川親方(元横綱武蔵丸)が、二人いた貴乃花の謎を18年間も求め続けているらしいが、その答えは永遠に見つからないのじゃないかと、爺は勝手に考えている。西洋型の合理主義と、我々日本型の精神主義が交差することなんて、まずないのだから。だからかつてのやり方ではなく、今日風の指導で精神主義を身に付けられない物だろうか何ぞと夢想している。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2019年09月20日

二人の貴乃花

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
インターネット新聞で、「あの日、貴乃花は二人いた!」という記事を読んだ。
そう膝を痛めて、それでも土俵に上がり、横綱・武蔵丸との優勝決定戦で、鬼の形相で勝利をもぎ取り、土俵に上がった総理大臣に
「感激した!」
といわしめたあの日である。
本割ではあっけなく武蔵丸に敗れ相星となり、優勝決定戦となるのだが、本割を見る限り膝はかなり重症で、武蔵丸の優位は誰もが予想した。
あの日この爺は
「ここで無理をしたら、力士生命が終わる!」
と予想し、結果としてはあの日以降完治に一年以上もかかり、治癒して土俵に上がっても横綱の務めを果たせても、優勝は無しえなかった。だから結果として力士生命を犠牲としたのは、ほぼ紛れ無い。
さて武蔵丸のいう「あの日、貴乃花は二人いた。」についてである。
一人目は、膝に故障を抱える貴乃花、二人目はがっぷり四つに組み止めて武蔵丸を投げ飛ばす貴乃花である。これを精神力の一言で済ませるわけにはいかないだろうが、大なり小なりあるとこの爺は信じている。つまり本割は弱気な貴乃花、決定戦は強気の貴乃花で、西洋の合理主義に慣れ親しんでいる武蔵丸には、この違いが理解できなかったに違いない。だから本割のあとを受け、決定戦ではすんなりと四つに組んでしまい、結果として投げ飛ばされてしまうのだが、きっと
「投げ飛ばすことができまい。だから組んだところで優位は変わらない。」
と陽には考えていなくとも、心の底にはそんな考えがあったのだろう。考えてみれば、数年前の稀勢の里の一番、30年以上も昔のことなら、山下対ラシュワンのロスアンジェルスオリンピックの決勝戦も同じ範疇にはいる。
西洋型の合理主義には、絶対受け入れられない事例ではなかろうか?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2019年09月19日

台風の爪痕

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
60年前の伊勢湾台風、天声人語氏は子供の記憶・文章を通して取り上げていて、ほろっとさせられる内容も多い。伊勢湾台風は、この爺が小学校5年生の時のことで、伊勢湾沿岸の愛知県や三重県に大被害をもたらしたということは、歴史として知っているだけで実感は薄い。台風といえば、それから二年後の第二室戸台風が我々大阪人にとって、難儀だった。
伊勢湾台風のことに話を戻せば、翌年の修学旅行で内宮や外宮参拝のおり、多くの木が倒れたのだという話を聞かされたのが印象深い。早い話、今となってはあやふやな記憶ながら、一年後も完全には回復してなかったのだろう。よくよく考えれば至極当然で、樹齢100年、200年の大木が、次の年に戻っている筈もないのだから。
つけてもと思う。千葉県の今回の台風による被災である。
未だに3万戸余り、停電が普及していないそうで、我が国のインフラストラクチャーの脆弱さをついつい思う。先日当地の日本人の方と話したとき
「なぜ日本も地下送電しないんですかねぁ?」
と、考えてみたら素朴な疑問を投げかけられた。
「シンガポールは出来ているのに!」
とその御仁不満そうだったが、国の広さが違いすぎるもの、理想はいいが現実はというところだろうか。電話の場合は、携帯電話という代物のおかげで、通信網が大気を通して出来上がった結果、東南アジアの開発途上国と先進国の差はなくなった。もしかして空中送電技術がこういった問題を解決するようになるかもしれないが、夢のまた夢だろう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2019年09月18日

野菜工場太陰暦仕様

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日の天声人語氏から。
愛知県のトヨタ紡織が、野菜の人工栽培に、太陰暦に併せた照射時間での方法に取り組んでいるという。トヨタ紡織といえば、今日の大トヨタの始祖豊田佐吉の自動織機につながる会社なのだろう。それにしても太陰暦・潮の満ち引きに併せてというから面白い。そもそも農耕に関しては太陰暦の方が良くあっているとの指摘がもともとあったけれど、多分こういった取り組みは、古今東西初めてなのだろう。そしてもしこれがうまくいくようなら、生物に関しての取り組みがまたぞろ新しくなるかもしれない。だから今回のトヨタ紡織の取り組みは、へっぽこ科学者のこの爺には大いに興味深い。
「いやそんなことは、もはや新しくないよ!」
と指摘されるかも知らないが、少なくとも爺は知らなかったし、正直面白い取り組みだと理解した。
「それにしても、トヨタさんさすがですなぁ。」
余談ながら、ここシンガポールでは農耕用の土地は少なく、食料は原則輸入。ただビルを建てての人工栽培はあるらしい。その人工栽培一度見てみたい気がする。
「まさか、太陰暦仕様じゃないだろうなぁ!?」
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2019年09月17日

MGC開催さる

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
こないだの日曜日に、来年のオリンピックのマラソンの代表選手きめるMGC:マラソングランドチャンピオンシップちゅうのが開催されて、男女とも一位と二位がオリンピック代表に内定や。まだ一年もあるちゅうのに気の早いこっちゃとも思うけど、マラソンの場合年単位のコンディション調整が必要みたいやから、こういうことになってんやろ。そもそもこのMGCに参加できる条件もあって、競争力の高い精鋭だけのレースになるよう仕組まれてるんや。ちゅうのもこの爺の知ってるだけでも、マラソンの代表選考の不透明さはかなりのもんやった。せやから今回、MGCの一位二位を代表とする。残りの代表人枠は、指定競技で日本最高を出したもん一人にするちゅう具合に、選考基準をきっちり決めやったんや。それだけで日本のマラソン、オリンピックっで活躍するようになるとは思わんけど、改革の意思がなかったら永遠にようなるはずないもんな。評論家みたいで申し訳ないけど、お手並み拝見ちゅう所かいな。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2019年09月16日

男はつらいよ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「男はつらいよ」という山田洋二監督のシリーズを、BSジャパンでは毎週土曜日夕方放映している。放映を開始した当時は知らなかったけれど、何せ全49作というから一週一作の放映ならほぼ一年は続く勘定になる。ただ先週土曜日の次週予告では、放映予定が第49作目とあり、となると昨年今頃から開始したこととなるが、本当のところはどうなんだろう。
まぁそんなことはともかく、放映しているのを知って以来、時間が許すときは見るようにしている。元来涙腺系は弱いこの爺、ほろりとさせられることはほぼ毎回。それも一度や二度ではない。だからほろりとさせられながら、昭和の良き時代を、ついつい思い出したりしている。
「昭和は決して良い時代ではなかった!」
と仰るお方もいようが、爺の生まれたのは戦後昭和24年。そして物心つく頃には
「もはや戦後は、終わった。」
上に、所得倍増、高度経済成長と続く。即ち昭和もその後半を意味する限り、良い時代であったことは紛れもない。実際平成に入ってすぐには、失われた10年、20年が始まったことを考えれば、昭和は良き時代であったこは違いないのである。そんな昭和を思い出させてくれる、「男はつらいよ」いよいよ今週末大団円を迎える。全作を4Kビデオに制作しなおしているという情報もあり、可能なら取り揃えたいなんぞと夢想する爺である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2019年09月15日

世界は狭い!

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
一昨夕マレーシアのジョホールバルに出かけた。彼の地の知り合いから
「日本に一時帰国していました。戻ってきましたのでご一緒に夕食でも!」
と、ファミリーディナーのお誘いがかかったのである。
金曜日夕方は通関に時間がかかるとも聞いており、その点が少し気がかりだったものの
「11時を過ぎてから帰られたら、シンガポール行きは比較的すいてます。」
ということで、それに天性の楽天家を自任する爺だけに、通関の渋滞ごときで躊躇する理由はない。
果たして夕刻5時には知り合いの家に到着し、居間に通され冷茶を頂いていたら、カウンターにトロフィーが置かれているのが目に留まった。
「ゴルフのコンペなんだろうか?」
なんぞと考えながらぼんやり眺めていたら、優勝者の名前が元プロ野球選手と同姓同名ではないか。この爺が若かりし頃応援していた球団のエースの名前で、それでも
「そんな偶然の一致のある筈がない!」
と考えながら、あれこれうかがっていたら奥方から
「それ私の父なんです。」
と奥方がおっしゃる。いやはや世界は狭いもんだとつくづく感激。聞けば先月ジョホールバルに滞在されていたという。
「お会いしたかったなぁ。お父上は私のことはご存じないですが、私はファンだっただけに父上のことは詳しく知っているんです。」
と、わけのわからない冗談を話しながら盛り上がった。
そのエース実働五年で100勝余り、いろいろあって、最も脂の乗りきっていた時の引退を余儀なくされたのが、ファンとしては半世紀近くたった今でも残念に思っている。そこであまり知られていない高校生当時のエピソードを。
春の選抜大会では優勝、夏の選手権では惜しくも準優勝となり春夏の連覇はならなかった。ただ一回戦だか二回戦だか忘れたけれど、左肩を脱臼し、そのまま決勝戦までほとんど投げ続けたという豪傑なのである。その昔左腕を骨折、春の選抜大会で優勝を逃し「泣くな別所選抜の花!」という戦前のよく知られた話にも劣らない話だと思うのだが、なぜか彼の場合は知られていないのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2019年09月14日

判断が甘いのか

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
千葉県の停電復旧が遅れている。
何せ送電鉄塔が二機も倒れたのだから、復旧もままならないだろう。
電力会社の社長が
「被害状況を把握もせずに、復旧の見通しを発表してしまいました。」
と、素直に詫びたようだ。
当然マスコミ報道は、
「例によって、判断が甘い。2011の震災と同じだ!」
と叩いているし、昨年の関西電力の台風化の折の復旧とも比較して、これまた見込みが甘いと叩いている。
正論からすれば当然かもしれないが、台風の東側にあたる地域の被害だけに、少しは割り引いて考えてやらねばならない気もする。それに地勢上関東平野は、一度台風が通過すれば山岳地の多い近畿や中部と違って、風の勢いが弱められることも少なかろう。それを考慮しての見込みのできていない電力会社の責任は重大なことは陶然ながら、わずかながら同情の余地もあるというのが,天邪鬼爺の率直な意見である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2019年09月13日

知り合いの老犬

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
先日のこと、知り合いを訪ねたら老犬が出迎えてくれた。
なんでも14歳というから、人間に換算すれば90歳超のお爺さん犬である。
家の人の話では、目も耳も鼻も不自由らしい。さらに
「餌を食べた後でも、まだ欲しがるんです。認知症みたいでしょ。」
と仰っていたが、受け売りながら
「犬には満腹中枢が無いと聞いています。それは正常な犬でもありがちです。」
と説明申し上げたら、一応納得されそれでも
「それに寝てばかりなんです。」
と仰る。
「犬という動物は、退屈すると寝るという習性もありいます。それも歳並みのことでしょうから心配には当たらないのでは。それでもだいぶ弱っていますねぇ。」
と答えておいた。
さらに御家族の説明では、奥様に一番なつかれていて、台所などでもついて回るとのことであった。たまたまその時は奥様が外出されていて、だから老犬は所在無げに動き回っていたのだろう。
そうこうするうちに奥様が帰宅され、挨拶に顔を出されて話をしていたら、例の老犬ワンワンと吠えたてている。早い話奥様の帰宅をちゃんとわかっているのである。
「まぁ、目も耳も鼻も機能的には弱っているのでしょうが、それでもそれなりに十分ですよ。」
と慰めていたら、老犬がにおいをかぎながら周回運動、
「あれおしっこするでぇ!」
と申し上げたら、一応後ろ脚を挙げてきちんと用を足している。
老犬といえども、けなげだなぁと感心するばかりであった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活