2018年03月16日

専攻長してたなぁ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
私は、大阪大学在職中の2006~2009年度の4年間、工学部電気系の専攻長をやらせて頂いた。電気系は、かつての電気工学科、通信工学科、電子工学科、情報工学科、原子力工学科が、大学の独立法人化に合わせて一つの大きな学科となって再編成され、その後何度かの改変もあって、教授数(昔風に言うなら講座数)25という大学科を構成していた。定年して5年経った今でも多分組織としては大きく変わってはいない筈で、少し小さくなったとはいえ地方の大学なら一つの学部ほどもある大世帯であった。そんな大世帯の専攻長なのだが、私達は構成員おおよそ70名の選挙で選ぶという手続きを取っていた。その昔の小さな学科の時は、教授輪番で学科長を務めるという制度が確立していたけれど、いろいろな学科が集まっての大学科制、旧学科間の利益相反という事も多々あり、
「それなら選挙でリーダを選べば、恨みっこなし!」
という事になった次第である。そして毎月一度(確か第二木曜だったと記憶しているが)定例の教授会を開催し、懸案事項をあれこれ議論して合議制で学科の運営を行っていた。ただどうしても合意に至らないような案件には、議論の後に多数決を取るという「民主制」を引いていた。
ここまでは何の面白みもない話ながら、専攻長を仰せつかっていた4年間に、たびたび経験したというか、あるいは先輩の教授から頂いた助言で、未だに引っかかっている。それは
「河崎さん、選挙で選ばれたんやから、もっと自由にやってええんや。強権発動でもええんやで!」
という励ましの有り難い言葉である。ただ私は、選挙で選ばれたのは舵取りを任されただけで、とても思いのままにという気持ちにはなれなかった。今からして思えば、その頃強い指導力を持った府知事が選ばれていた頃で、
「選挙の結果が民意。だから私のやることが民意。」
と、民主主義をはき違えた強弁がテレビ画面を賑わしていて、だから助言を下さった先輩は
「府知事のリーダーシップに憧れを持たれていたのかもしれないなぁ!」
なんぞと思い出している。私自身は先ほども書いたように、選ばれたのは舵取りを託されただけで、思いのままやろうなんぞとは考えたこともなかった。
昨今選挙で勝てば、やりたい放題、それを指導力と勘違いする一般大衆が多い様で、私は危惧している。いやなにこれは国政の事ですが・・・。
lanking.gif
クリックして投票を!



posted by zen at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2018年03月15日

ティラーソン国務長官解任

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
またまたトランプ大統領やってしもうたなぁ。
ティラーソン国務長官の解任や。いきなりTwitterにあげたんで、それを見た長官は急ぎ出張先から合衆国に戻って、退任の会見をしやったんやて。早い話し正式の解任通知をもろうたわけではないらしいんや。トランプ大統領、ほんまに企業の社長を長くやってただけのことある。ちゅうのもやな、アメリカちゅう国の企業は社長の
「首だ!」
の一言で解雇される、そんな映画見たこと何回もあるやろ。大統領になっても同じ調子でやってんやもんなぁ。せやからティラーソン国務長官、退任の挨拶しやったけど、大統領への感謝の言葉は無かったちゅうて聞いてる。
そもそもや、今回の解任はや、北の将軍様との会談が現実のもんになりかけたからやろう。北の将軍様の国には、難解も煮え湯飲まされてるんで、官僚としてはや
「100%信じてはだめですよ!」
くらいの注意はやったやろうから、それやとトランプさんの思考に阿波へんかったからやろう思うで。つまりや、トランプ大統領は
「将軍様が会う言うてるから会う。会ってみて話が合わんかったら、それから対応考えれば良い。」
くらいののりやろうし、官僚の発想としては選択肢はいくつも用意しておいてという具合やろうからなぁ。そういう意味では、現大統領はやっぱし政治家に不適格なんやろう。
話変わるけど、ピッツバークの上院補欠選挙で共和党負けやった。トランプ大統領のちゅうか共和党の牙城やっただけに、共和党としてはちょっとショックやろう。そいでもトランプ大統領は、多分気にしてないやろうなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年03月14日

大阪大空襲の日

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
東大寺のお水取りも終わった。
そんな昨日は、大阪大空襲の日や。73年昔の話やけど、忘れたらあかん日ぃや。
大阪だけでも1万人の「一般人」が亡くなったんやから、大変なもんや。
本来戦争言うたら、一般市民には攻撃かけへんのがルールやけど。
こう考えると。大東亜戦争の時の合衆国軍も国際法守ってへんやないか。
せやからわいはその敵討ちしたいと言いたいんと違うて、
「戦争ちゅうのんは、そんなもんや。せやからできるだけ戦争はしたらあかんね。」
と言いたいんや。
「アメリカの兵隊さんが、血を流して私たち日本人を守ってくれているのに、私達が血を流さないわけにはいかない。」
ちゅうよな強弁で、日米安保の集団的自衛権容認させた政治家おったけど、あれはやっぱし間違いや。アメリカの兵隊さんが、沖縄やその他の日本の基地に居るんは、自分の国のためや。

ほんで今日の話題や。
困ったときの朝日新聞・天声人語氏や。
東北おんば訳 石川啄木のうた」ちゅうが人気らしい。
買うて読んでみたい気ぃするなぁ。
友がみなわれよりえらく見ゆる日よ花を買ひ来て妻としたしむ
友だぢがおらよりえらぐ見〈め〉える日ァ花っこ買って来てががぁどはなしっこ

といった具合。
この爺は大阪人やよってどうなるんかなぁちゅうて考えてみたけど、大阪弁訳は難しいわ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2018年03月13日

パワーハラスメント?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
ある団体の求人のお手伝いをしている。
年の功で、採用時の面接がその具体的な職務内容である。
昨日の面接で意欲の高そうな志望者がいて
「外国で自身の能力を発揮したいと考えましたし、さらには自分の可能性を高めたいと思いまして!」
と意欲満々である。
「ただそれなら、元の職場に在職したままでも当地への転任希望がかなったでしょうに。」
と返したら。
「職について3年目に転任希望を出そうとしたら、まだ若い。」
と断られ、それならと離職したとおっしゃる。
そして
「考えてみれば、職場は3年以上の経験で海外転任を認めているのに、今にして思えばパワーハラスメントだから、断固闘えばよかったですかねぇ。」
と、後の祭りながら威勢が良い。加えて面接の受け答えにもメリハリがあり、この爺の判定としては合格点である。
採用面接の件はさておき、こういった意欲ある若者を国内に留め置こうとする傾向がどれほどあるのかは知らないけれど、そもそもこの爺が年甲斐もなくシンガポールに来たのは
「最近の若者は海外に目を向けない人の方が多い。」
のニュース解説を聞いて、
「それなら模範となってやろう!」
と天邪鬼の虫が目覚めたのが経緯である。ただそんな芽を摘む上司がいたとは、
「若者側より、大人側に問題があったのかも?」
と考えた次第である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2018年03月12日

大学入試改革

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日の朝刊で見たニュース。
「東京大学は、入学試験に民間の試験は使わない!」
という。つまり2020年度からすっかり形を変える大学入学の一次試験に、英語の4技能を測るための民間の試験を使わない、というのである。
ところで一か月程前だったろうか、親しくしてもらっていた予備校を運営している友人から
「大学の入学試験は、大学の理念を社会に発信しているという意義がある。安易に第三者の問題を使うのは間違っている。」
と教えられたことをこのブログに書いた。
ところで入学試験は、大学人とりわけ教員にとって、最重要行事であることは判っていても、一方では
「研究業績にならないからなぁ!」
といった本音もある。だからついついおろそかになっての昨今の不祥事というつもりはないが、ただ不祥事と取り沙汰されるくらいなら、
「外部の専門家(入学試験という意味で)を利用する方が」
との考えや
「予備校などに委託した方が」
といった、低きに流れる意識があるのである。元大学人としてこういった傾向は、悲しい限りである。
lanking.gif
クリックして投票を!



posted by zen at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年03月11日

震災七年

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
2011年3月11日午後2時46分東日本大震災。
もはや7年になる。
残念ながら復興は進まない。
とりわけ福島原発の周辺は、進む筈もない。
漏れ出た原子力燃料。とてもunder controlであるわけがない。
そして今朝のサンデーモーニングで、浪江町を取り上げていた。
昨春避難指示の解除された浪江町の一部地域での住民帰還率は2.4%という。
インタビューに答えていたお年寄りが
「戻って農業しろといったって、生産した作物を買ってくれる人達がいなければ・・。」
としみじみ。
いやはやお役人様の考えることはかくのごときなのだろう。
つまり、いろいろな地域、・人々は有機的につながっており、見かけ上の安全で
「あなたの地域の放射能量は、もうすめる状況になりました。」
と安全宣言したところで、付近の地域の住民がいないのであれば、まだまだ社会を構成するにはほど遠いという事である。早い話し街にはならない。それをお役人様達は、機械的にこの地域は除染できたから帰還可能、こちらの地域はまだ無理といった具合に分けて作業しているだけであるから、うまく行く筈もないのである。
さらにサンデーモーニングでは、時限付きの復興庁の年次計画に併せての安全宣言で、実情に即しているとは限らないとの懸念を報じていた。爺も放射能がそんなに簡単に除去できるとは理解できておらず、7年を経過してまだ道遠しというのが実情なのであろう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年03月10日

責任者出てこい!

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日本の国会、空転してるらしいで。
去年の初めころから問題になってる森友学園、正確には「国有財産、超安値払い下げ疑獄」ちゅうてええんやろう、の件や。どうも財務省の決裁文書が書き換えられてたらしいんや。つまりや、国会に提出されたんとは別に、原本があるちゅうんや。
これって公文書改竄やから、犯罪その物になるんやで。
早い話犯罪者は誰や?責任者は誰や?ちゅうこっちゃな!行政の最高責任者ちゅうこっちゃろ。ほんでや、去年国会で答弁してやった佐川国税庁長官(当時の理財局長)は辞職しやったそうや。まぁこれで一件落着中わけにはいかんやろけど、狙いはトカゲの尻尾切りやろうなぁ。わいには誰の狙いかわからんけど。
そら当然野党は
「これだけでは納得できない!」
と息巻いてる。政権与党の議員さんは
「佐川さんは一般人になったので、国会への喚問は無理でしょう。」
なんちゅうて、またまた忖度してるでぇ。
「誰への忖度や?」
ちゅうて問い質したい気もするなぁ。
それからや、森友学園の用地販売に関わりやった職員さんが数日前に自殺しやったそうや。なんやテレビ人気ドラマのBGのシナリオと似てるような感じや。
色々あるんやろうけど、森友も家計両問題は、「国有財産の不当払い下げ疑獄」であることは、間違いないちゅうのはわいの理解やで。
ほんで問題は、責任者は誰なんやちゅうこっちゃろう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年03月09日

全部スマホに

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日職場の若い人と二人で昼食に出かけた。
いざ支払いとなって、若い友人が
「善さん、スマホ忘れてきました。」
という。
「職場に忘れたんやったら、そう慌てんでも・・。」
と返したら、
「僕、身分証、財布、クレジットカード、全部スマホに入れてあるんです。」
という。
早い話、現金もカードもないので、支払えないから急ぎ取りに帰るというのである。
「昼飯代ぐらい出しておくし・・。それにしても全部スマホに入れてあるって、君すごいなぁ!」
と感心。
「いやはや身分証までとは、若い人は徹底してるなぁ。身分証までスマホに入れてしまうんか。しかし財布も持たんで、全部Netsなんか。完全にキャッシュレスやないか。」
と、改めて若い人の徹底ぶりに敬服した次第である。
さてその夕方職場を退出しようと思ったら、くだんの若い同僚
「あれスマホどこに置いたかなぁ?」
と昼食後も探さずにいたようで、慌てて事務室に戻って行って
「ありました。日中忙しかったので、またまた忘れていました。」
との事。そしてスマホを見せながら
「ほれこれ身分証でしょ、これがクレジットカード、そしてここが財布。」
とスマホのケースを得意げに見せてくれた。私は内心
「スマホに入れたぁるって、わいは全部電子的に入れてあると誤解してた。なんや物理的に一体型のケースになってるだけやないか。」
といささか鼻白んでしまった。
「そういやぁ、シンガポール身分証のスマホ化ってまで聞いてなかったもんなぁ。」
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2018年03月08日

消しゴムで書く原稿

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今日も、前日の朝日新聞・天声人語氏から。
「原稿は、万年筆で書きますか、それともサインぺンやボールペンで?」
の質問に、児童文学者の佐藤さとるさんは
「消しゴムで書きます。」
と答えたという。
この爺は作家ではないうえ、長くパソコンでの原稿書きゆえ、
「キーボードで!」
という事になりそうながら、そう答えては身も蓋もない。
言わずもがなながら、佐藤さんの答えは。
「文章を練りに練って・・。」
という意味だろうから、かかる意味では爺の論文原稿も「消しゴム」で書いているようなものだったに違いない。
余談ながら、研究室学生の論文原稿によく朱書き入れたものだが、文頭のような気の利いた言葉を知っていればと今更思う。
天声人語氏に戻れば、「消しゴムで書く」は財務省の書類を揶揄するのが狙いで、これまた本来の意味からはいささか遠い。ただ一年以上も国会でとりあげられている、俗にいう「森友問題」、正確に国有財産超安値払い下げ疑獄、に関わる財務省の書類の改竄文書や怪文書を揶揄しての事。今日開示されるというけれど、消しゴムの跡が残っていればまだ良いほうで、消しすぎて薄くなりすぎているような開示文書に違いないのでは・・。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年03月07日

長い箸

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日の朝日新聞・天声人語氏が面白い。
黄泉の国での話。
地獄にはとてつもなく長い箸が用意されていて、地獄に落ちた者たちが食事をしようとしても口に届かず、飢えに苦しむという。一方天国にも同じような箸が準備されていて、やはり食事に使われるのだが、こちらは自分の口に食べ物を運ぶのではなく、互いに相手の口に運ぶので、飢えに苦しむこともなく楽しく生活できるらしい。
これは、西洋花札大統領の思い付きで、輸入金属材料に課せられることになった関税に対してのたとえ話である。大統領は、
「輸入品に重い税を課せば、輸入赤字は解消して、アメリカファーストに繋がる。」
という考えで
「こんな考えを、今までの政治かは誰も気が付かなかった!」
と鼻高々である。
いやはや過去の指導者達はそんなことは織り込み済みで、
「安易な経済戦争に持ち込むのではなく、相手国も潤うような解決をせねば。」
と腐心し苦労してきたのである。
それにしても過去の歴史を知らない政治家ほど、国民を不幸にするものはない。アメリカ合衆国ほどの国になれば、影響力も広範で被害は自国民どころではなく、他国にも及ぶ。天国の長い箸を求めての暗中模索をするのが政治家。ドンパチでの解決なら、政治家でなくても思いつけるのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題