2019年05月17日

逃げ場のない話

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
古い友人が我が家を訪ねてきてくれた。
古いと言っても当人は30代前半で、2016年まで同僚だった。
私がこの地にやってきたのは2013年9月だから、同僚だったといってもわずかに1年数か月。その間御当人は3か月間イタリアに留学していたから、同僚だった期間は1年余りに過ぎない。ただシンガポールに来た当初から、雷の観測についての議論をあれこれ行い、私がBOLTと呼んでいる装置の,子局に関してはほぼ理解できている筈である。そんなこともあって、現在は子局の製作に関わってもらっており、大仰ながらこの地右腕になりつつある。
ご本人はこの関係で博士の学位を取りたいと願っているようながら、定年退職した我が身には博士の指導権限は全くない。だから弟子の誰かに指導を頼まねばならず、指導できる候補者は少なくとも3名入る筈で、BOLT稼働の進捗と合わせながら考えていくしかあるまいというのが現在の理解である。

一月に父親に虐待されなくなった女の子の公判の内容を読んだ。その虐待ぶり、何としても許しがたい。逃げ場のなかったその女の子のことを考えれば、70歳の爺の目頭がついつい緩む。月並みながら、こんなことの二度とないことを祈りながら、・・・。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2019年05月16日

サイエンスカフェで話す

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨夕、James Cook University (ジェームズクック大学)に出かけた。
この大学はオーストラリアのケアンズにある大学で、その分校がシンガポールにあり、近隣の諸国から留学生を集めている。
実は先週金曜日、スターバックスで隣り合った御仁・マイケル氏は、たまたま大学の関係者で、お互い自己紹介しているうちに、
「夕方学生の集まりがあるので、雷観測の話をしてみないか?」
と持ち掛けられたのである。
水曜夕方のその集まりは、ビッグデータの処理に興味のある学生の集まりだそうで、この爺自身観測結果の効果的な表示方法はと常に模索している関係上、それならと出かけた次第である。
定刻の午後6時半よりは随分早くキャンパスに到着、キャフェテリアでアイスティーを飲みながら涼んでいるとくだんのマイケル氏がやって来てくれて、
「10分前には移動しよう。私ものどが渇いた!」
とのこと、取り留めない話題を肴の談笑となった。
やがて定刻となり学生の会合場所に移動したら、30名程度の学生が10面のディスプレイ毎に3〜4名が分かれて席をとっており、何やら議論している。
マイケル氏に促され、中央のテーブルで持参のラップトップパソコンを繋げば、全てのディプレイが同一画面。20分程度で話するようにとの指示を事前に貰っており、学会の講演のつもりで話題提供した。そしてお決まりの質疑応答、聴衆が専門外というのに、それなりの質問も出て、比較的有意義な「サイエンスカフェ」となった。
最後に世話役の学生さんからお土産を頂き
「英語が得意でない学生もいますので、理解できなかったかも知れませんね。」
との、コメントも貰った。ちなみにその学生、Josephというフランス人、パリからの留学生でした。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2019年05月15日

北方領土奪還? 2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日の続きや。
北方領土の墓参に同行した国会議員センセイ
「戦争してでも取り返さなぁ!」
と元島民に迫って、結果的には不愉快な思いをさせてしまったと詫びをいれ、所属する政党から離れることになった。この爺は政党を離れること程度で、赦すなんてできへんと思う。国会議員を辞職してもらいたいもんや。
そもそもあの議員センセイ、いちょど酒を飲んで大失敗やらかして
「今度酒を飲んだら、議員辞職します!」
とツイッターしてたらしい。そのことを記者さんに問い詰められると
「一度選挙してますし。」
と、言い訳してるんや。しかしそんなへ理屈があるかいな。
自分が政治家ちゅう自負信があるんやったら宣言したことは、やっぱし守ってもらわんと、そら困るわな!
今回は北方の事件やったけど、こんな議員センセイ沖縄に行っても、やっぱし神経逆なですること平気で言うんやろうな。埋め立ての話も県民の反対意見は、たぶん耳に入ってナインちゃうかな。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2019年05月14日

北方領土奪還?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
何とまぁ、えらい国会議員やなぁ。
北方領土の墓参に同行して、
「戦争してでもとりかえさなぁ!
ちゅうて迫ったらしい。
主義主張ちゅうのんは人それぞれやから、そういう強い意見を持ってる人もおるやろうなぁ。けどそんな人が国会議員では、やっぱし困るんちゃうかな。戦争体験の無い世代が選挙・被選挙なんやから、選ばれた議員中には威勢の良い猪武者もおるやろうけど、それが多数になったらほんまに困るでぇ。今回の場合は、いろんな報道機関が流したよって、一般大衆も当該国会議員の考え方が理解できてよかったんや。それでも応援する人もおるやろうけど、この爺は基本的には反対やなぁ、戦争には。
国会議員のことはさておきや、この爺はマスコミ報道の在り方について考えるんや。今回の場合は、政権政党ちやうし、報道機関は忖度無しやったから、ぽろっと出て来たんや。ほんでみんなが知るところとなったんや。いっつも言うてるように、マスコミ報道は、可能な限り包み隠さんと報道せなあかん。一般大衆の知る権利にこたえるためにもや。それをなにを間違うたんか、最近のマスコミ報道の多くは、御用報道機関になり下がってしもうた。政権の方針に異論を唱えたら、政権政党に弓引くような取り扱われ方するんで、ますます萎縮して忖度しまくりや。これでは国はようならんでぇ。ようならんちゅうより、太平洋戦争前に逆戻りしてるようなもんや。ないか??
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2019年05月13日

飛翔体その後

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
アメリカ合衆国の西洋花札大統領、今回の北の将軍様の火遊びには
「信頼を損なうことはない!」
のだそうな。大陸間のミサイルでないから、危険は合衆国の本土には及ばないということなのだろう。しかしだ、火遊びを許す、許さないの線引きはそんなところにある筈がないのは当然。ただ追従総理は多分右へ習えで、
「条件を課さないでの面談」
をと、希望され続けるに違いない。
それにしてもと思う。
「外交に自国の考えというか戦略というかがないのか?」
あまりにも条件闘争的なのである。
これでは、我が国と北の将軍様の国の問題は一向に前には進まない。
拉致家族の問題だって北の将軍様は
「すでに解決済み!」
と公言してはばからない。これとて我が国外交の主体性のなさ、アメリカ合衆国依存体質の故なのだろうとは、私の理解である。
アメリカ合衆国大統領が右というから右、左というから左というお追従外交では・・・。
おりしも大相撲五月場所、花札大統領が優勝力士に記念品を贈呈するそうだが、これとて大統領の人気取りのお先棒担ぎに他ならない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2019年05月12日

思わぬ余禄

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今日5月の第二日曜日は、母の日である。
70歳の爺にもなると、母の日にはほとんど無縁ながら久しぶりに母の日であることを思い出した。
実は一ケ月に一度、当地の小学生低学年5〜6名を集めて科学の実験を実施している。科学の実験といっても大層なことをやるわけではなく、砂糖水や塩水を作ったりあるいは紙飛行機を飛ばしたりといったきわめて簡単なもので、子供たちが科学する芽生えのお手伝いにでもなればといったところなのである。
その準備の最中に仲間が、
「当日は母の日だから、お土産に赤いカーネーションでも用意しときましょう。」
と言い出し、母の日を思い出したのである。
私が12歳の時は母他界しており、13歳以降は母の日とは無縁であったというべきだろうか。それでも今日の科学実験の集まりが、遠い昔の母を思い出させてくれたのだから、思わぬ余禄ということになろうか。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2019年05月11日

北からの飛翔体

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
またぞろ北の将軍様が火遊びを始めた。
いやはや、押したり引いたりしたたかなというほかはない。
「良い友達!」
と花札大統領に言わしめたのだから、
「また打ち上げてみるか!」
といったとこっろなのだろう。
果たしてアメリカ合衆国、今回は
「飛翔体!」
と、大人の表現でミサイルを放ったとは表現しなかった。
ついでながら、御追従の大好きなわが政府も口裏を合わせて、飛翔体との公式見解である。
まぁそれでも、昨日あたりからはっきりとミサイルを放ったとアメリカ合衆国、となると我が国も
「あれはやっぱりミサイルだった!」
というから、大阪の吉本新喜劇も裸足で逃げ出すしたくなるような対応である。
そういやぁ、総理大臣が先日吉本の舞台でなんかあいさつしたというから、さっそくそののりを政府見解にも使ったのだろう。
国際間の駆け引きの難しさは理解できたとしても、北の将軍様の掌に乗っかっている、花札大統領とお追従総理にはいささか気がかりである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2019年05月10日

アリスと未明の嵐

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
愛犬のアリスが我が家にやって来て、一年経つ。早いものである。
そのアリスと寝室を共にしていることは、何度か述べてきている。一年も一緒に暮らしていると、お互いの信頼関係も出来上がって(と私が一方的に思っているだけかもしれないが)、なかなか良いものである。
このアリス(犬はすべてそうかもしれないが)結構早起きのくせに、朝のえさを食べると寝たがる。それも膝に乗っての朝寝が好きである。そして早起きする分宵はこれまた早寝を好むようである。寝濃いとでもいえばよいのだろう。ただ人間と違うところは転寝の時には、少しの物音にも敏感に反応する。玄関先に人の気配を感じると、いきなり起きて吠え立てるのである。ただ寝室に入っての睡眠となると、アリスは野生を捨てるようである。先程の「寝濃い」を地で行き、おなかを上にして眠る。
「アリス、君は獣なのに腹を上にして寝るなんておかしいで!」
と話しかけると、相手をしてもらっているのが判るのだろう、盛んに尻尾を振っている。
そのアリス、昨日未明の時は些か違った。というのも結構激しい雷雨があったから。
「犬は雷を怖がる。」
とはよく言われることながら、襲雷を我々より早く感じていたのだろう。ふと目が覚めると、正座(と犬の場合もいうのだろうか?)している。こういう場合は普通用を足したい時が多いので、
「アリスおしっこゕ?」
と抱き上げて、寝室のドアを開けてやった。普通ならベランダの方にかけていくのに、やけに動きが悪い。已むを得ずベランダの近くまでついて行って、促したのだが、私を振り返ってやはり正座を続けている。
「俺眠いんやけどなぁ!」
と語り掛けた途端に、ぴかっと光りほどなく雷鳴。その雷鳴よりも早くアリスは寝室に一目散に走り、ベッドに飛び上がったのである。
あとは私にぴたりとへばりついて横になり、さすがに腹は出しては寝なかった。やはり獣の本性は捨てていない様だ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2019年05月09日

 10年前には16連休

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
手抜きというつもりではないのだが、10年前の今日。
というのも、国を挙げての10連休で大騒ぎの祖国乍ら、なんと10年前には個人的ながら16連休との記述があったから・・・。。
以下がその内容である。

長い連休が終わって,二日間出勤したらまたまた週末がやって来た。
今,2009年の黄金週間,本当の大団円である。
4月25日の土曜日から,5月9日日曜日までの16連休を取られた方がいるとも聞く。TVでは,この週末が黄金週間最後の帰国ラッシュと報じている。新型インフルエンザの水際対策,担当官を何倍か増やして,必死だそうな。
そんな中,カナダ帰りの三名,真性の新型インフルエンザと判明。成田空港検疫で足止め中というから,検疫のお手柄,お手柄。現時点では,この新型インフルエンザ,直ぐに国内に広がる危険性は少ないらしい。それゆえ厚労省は,渡航禁止等の措置は取らないとしている。
新型インフルエンザに関しては,先日来何度か取り上げている筈で,この状態で過敏に反応する必要はなかろうとは,素人ながらの判断。ただどうもマスコミや報道が,一般大衆の不安を煽る形で報道に走る傾向が高い。俗にいう特ダネというか,すっぱ抜きというかを欲しいのだろう。報道関係記者さんといえども,会社に働く身ゆえ,手柄を立てたい気持ちはわかる。ご多分にもれずあの業界も成果主義なのだろうか?だとしたら,功を焦るあまりの煽動的報道構成に走りがちとなるのも,頷ける。ただ頷けるからと言って,容認できない事は確かである。
実は昨夕,梅田駅の売店で,大見出し国内初感染!?の新聞を見かけ,思わず買おうかなと思ったのだけれど,あの時点では感染の確認は無かった筈。付和雷同を否定しながら,危うく自身が陥りそうだったと,今頃冷静に分析している次第である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2019年05月08日

シンガポール人家族

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日深夜、一週間近く我が家に滞在されていたシンガポール人家族が、日本に帰って行かれた。私達がシンガポールに移り住んで、はや5年と7カ月、その間ここシンガポールで知り合った、現地の家族で、ご主人はシンガポール人、奥様は大阪生まれの日本人、そして11歳になるお子さんの三人である。
ただ私にとって驚きなのは、滞在中ほぼ毎日のように出かけられ、それそれでいいのだが、ご主人の学友との食事会、ご主人の親戚との食事会、親兄弟との食事会、等々俗にいうソーシャルイベントが中心で、日本の10連休を利用しての骨休み休暇とは、とても思えない過密スケジュールである。いやはや驚きと同時に、シンガポール人は同族・友人知己をこれほども大事にするのか感心した。これこそ華僑の神髄なのだろう!それに、ご主人に従って行動されている奥様、まぁ日本人ならではの良妻賢母ぶりで、となるとご子息も半分日本人乍ら、父上の様に育つに違いない。
ただ我が家は「暴風」が去って、ちょっぴり寂しい感じである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活