2018年06月25日

沖縄慰霊の日2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
明け方5時頃から凄い雷雨。
今午前8時頃で、しとしと雨。まぁ日本の梅雨に似た降り方である。
あと一時間くらいで上がってくれないと、職場に行くのが億劫になるなぁ。ただ明日の予定を考えると、今日はどうしても行っておきたい。というのも明日午前は自宅付近で会合があり、午後も同じく別の会合があるから。
さて一昨日の沖縄慰霊の日。
改めてニュースを見たけれど、翁長知事抗がん剤を投与しながら、知事を務めていらっしゃるそうで、げっそりと痩せてしまっての挨拶、鬼気迫るものがある。それだけに
「辺野古埋め立てを止めさせたい!」
という信念は応援したい。
この爺とて、丸腰に近い状態で、つまり全くの防衛手段なしで国家の安全保障が担保できるとは思わないけれど、だからと言って
「なぜ米国海兵隊や米国空軍?」
の疑問がぬぐえない。つまり
「日米安全保障条約を堅持していかねば、本当にわが国の平和は担保できないのか?」
という疑問。政治家のセンセイ方には、一度真剣に考えてみてくれませんかねぇ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2018年06月24日

沖縄慰霊の日

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日6月23日は、沖縄慰霊の日。
第二次大戦では、県民の4分の1が命を落としたと聞く。
10年ほど前にこの爺も一度参加したとの記憶がある。
今移設が問題になっている普天間基地、我が国本土を爆撃するための基地として建設された筈。戦後70年以上も据え置かれ、移設合意の条件は辺野古基地というから、県民感情逆なでである。ただ人間なんてまず生きねばと考えるから、経済振興の観点で、やむなく同意する方々もいる。残念ながらそういう方々を責めることはできない。そう、責められるべきは、経済効果を「餌」に弱い一般大衆を味方に引き寄せる政権なのだろう。
慰霊の日の挨拶で、翁長さんは
「辺野古移設の反対」
と挨拶、大病を押しての挨拶で、本当に痛々しかった。
一方のんきな総理は
「沖縄の振興に先頭に立って貢献」
と、先に述べた人間の弱いところをつく挨拶。いやはや政治家でんなぁ!
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年06月23日

地震の予知は?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
せっかくの土曜日やのに、朝から雨や。
おまけに日本の梅雨みたいな空模様やで。いうならしとしと雨中わけや、
確かにこの国は毎日のように雨降るけど、ざっと降ってからっと上がるんが普通やのに。
この調子やったら夕方まで、身動きならんなぁ。
ほんまのとこ午後からコインランドリーに行こう思うとったんやけど、まぁ今日は諦めよ。
こっちの雨はまぁええとして、大阪界隈どうなってんやろうなぁ。高槻から枚方にかけて地震でだいぶやられてるやろし、その後の雨やよって被災した人ほんまに大変やろなぁ。弱り目に祟り目ちゅうのんはこんなことやろ。そいでもあの界隈に住んでる知り合いから、
「ガスが復旧して、ようやく風呂に入れる!」
ちゅうメッセージも入って来たし、水道も大丈夫みたいやし、東日本大震災の時に比べたら、復興もはやそうやで。まぁ地震の規模がまるっきりちゃうもんなぁ。
いじれにしてもや、あの程度の地震は日本中どこでもいつでも起こり得るちゅうこっちゃよって、それが直下ちゃうことを祈らなしゃぁないなぁ。つまるところ、地震の対策は今のところ、神頼みしかないことになるんかもしれん。
一時地震の前兆で、電場が変わるとか電波が出るとかいう予知方法が、ちょっとだけ話題さらったことあったけど、今はすっかり下火なんやろうかなぁ?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学一般

2018年06月22日

夏至

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日、夏至やったんや。
ほんまにすっかり忘れとったなぁ。
これが日本やったら、新聞でもテレビでも、何やかんやと報道あるもんなぁ。
ほんまのとこ日曜頃までは意識しとったんやけど、週前半は忙しかったもんで、すっかり飛んでしまっとった。ほんで今朝になって思い出した。それにここシンガポールやったら、あんまし日の長さ変わらんもんで、よけい意識が薄くなるっちゅうもんや。
夏至ちゅうたら、スウェーデンの夏至の祭りが思い出されるなぁ。
もう30年以上も昔のこっちゃけど、あの頃ウプサラ大学に一年間呼んでくれたスベンさんが
「夏至の祭りだから、ピクニックに行こう!」
と誘ってくれはった。
行った先はや、もう名前忘れてしもうたけど昔の王さんの古墳の近くにポール立てられてて、そのポールの周りに町の人が仰山集まって、めいめい勝手気ままにお弁当食べたんや。ほんで昼ご飯終わったら何重もの輪ぁがポールの周りにできて、いうならフォークダンス、日本の盆踊りやなぁ。あの頃はウプサラについて一月半やったよって、まだまだスウェーデンちゅう国にも慣れてへんし、記憶に残らんうちに夏至の祭りが終わってしもうたような気いがするなぁ。
ほんまに不思議なんやけど、あの年のこと6月後半から7月一杯の記憶があんましないんや。わけわからんうちに8月の中頃になって、そっから先は週末以外は気象研究所に出かけて行っとったんで、毎日が同じような勤務内容やった割に思い出が濃いんや。
考えてみたら8月に初氷見たし、9月になったら日本の冬みたいに寒い日もあったし、10月には雪も降ったかなぁ。せやけどウプサラでは、根雪にはならへんね。それに晴れの日は風強くて体感気温低いわりに、雪の日はあんまり風も強うのうて、寒いことは寒いけどその割には寒さ感じへんね。そんな経験したからやろうか、細かい日にちはともかく、ウプサラにおった後半のことはよう覚えてる気ぃするなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2018年06月21日

大地震のまえぶれ??

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今回の大阪の地震、専門家のコメントでは
「南海トラフ大地震の前触れというわけではない!」
らしい。一方同じく専門家のコメントでは
「この規模の地震は、地震大国日本ではいつでも、そしてどこでも起こり得る。」
そうだ。
早い話、地震の発生は確率過程というのが地震の専門家の理解で、私は科学者の端くれとして何やら合点のいかないながら、かといって確固たる議論をするための根拠は、今のところない。
が思い出すのは、兵庫淡路の大震災。
発生は1995年1月17日。ただその前年の秋、能勢で群発地震が続いた。だから地震の専門家に
「関西で大地震の起こる前触れじゃないですか?」
と尋ねたところ、
「関西での大地震発生確率は、低いですよ。前触れでも何でもないです。」
と聞かされた。
その後その方と会う機会は全くないので、確かめるすべはないけれど今でも
「能勢の群発地震が、阪神淡路の大地震をトリガしたのでは?」
と個人的には疑っている。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学一般

2018年06月20日

仮定の質問

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「仮定の質問には答えられない!」
という答弁をよく聞く。(誰の答弁かは、敢えて申し上げませんがねぇ!)
そしてそれがまかり通っているから、不思議な国だと思う。
卑近な例として、自動車の運転を教わるとき、
「わき道から子供が飛び出してくるかも、と考えながら運転しなさい。」
と習うはずである。あの指導者は、実際は答えたくないから、言い訳に使っているだけなのだろうと理解しているものの、悲しい国であると思えてならない。
そもそも指導者たるもの
「仮定の話だから、考えられない!」
のでは困る。仮定の上であっても、常日頃あれこれ思案を巡らせていないから、想定外の天変地異でパニックとなる。
指導者達の「想定外には対応できない!」という悪癖のため、我々の同胞が歴史上最も深刻な事態となったのは、想定外の地震・津波の東日本大震災で、8年経った今でも福島原発の処理は終わっていない。いやもともと完全廃棄には、50年、100年の時がいる難事業だから驚きはしないものの。
話がそれてしまったので本題に戻す。
だから指導者たるもの、常に予期せぬ事態の場合を考える習慣を持っている必要がる。いやそれが指導者の努め、だから
「仮定の質問には答えられない!」
なんぞというと答弁を、報道の記者達は許してはいけないと結びたい。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2018年06月19日

大阪で地震 2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
地震の続報である。
地震発生から16時間経って、大阪界隈の鉄道はほぼ従来の運行に戻ったようだ。とはいえ、大阪在住の友人達は
「阪神淡路の大震災の時のことが思い出され、揺れがおさまった今でも怖くて家を出ることができない。」
と知らせてきたりしている。幸いというべきだろうか、私自身現在シンガポール在住で、今回の地震を経験していないから、さすがにフラッシュバックはない。それでも、1995年当時住んでいた守口での経験はすざまじかった。12階建てマンションの10階に住んでいたこともあって、ブランコのように揺れたのを覚えている。ただ一方では変に冷めていた自分もいて
「このマンションが倒れるなら、大概のマンションが倒れるだろう。」
と、腹をくくっていたことも覚えている。
私の古い話はさておき、阪大の箕面キャンパスの被害はそれなりに大きい様だ。何せ震央が枚方に位置し、高槻から箕面に並ぶ断層に沿っての位置にあるキャンパスだから、被害の大きいのは想像に難くない。大学始業前の地震発生で、キャンパス内での遭難の無かったのは不幸中の幸いという事になろうか!
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年06月18日

大阪で地震

今朝日本時刻7時58分 大阪府枚方界隈を震央とする大地震
マグニチュードは6.1とか。震度6弱は、枚方や高槻。
現時点(日本時刻11時)で、亡くなった方は2名というから、被害の程は今のとこと大きくない模様
ただ阪神淡路大地震の時も、当初は大丈夫という報告だったのに、最終的には大被害であったことが判明したくらいだから、予断はまだまだ。
とりあえずシンガポールのこの地で、情報収集だけでも
(この稿続く)
posted by zen at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年06月17日

ハリラヤプアサ2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
数日前「ハリラヤプアサ」の紹介をした。
イスラム断食月ラマダン明けを祝う、いわばイスラム教徒の新年である。
私の職場には現在一名のイスラム教徒同僚がいる。
この同僚、最近一か月の間に10kg体重を減らしたと、いささか大儀そうに話した。ともかく大汗を書いている。
「それってラマダンが原因か?」
と尋ねると、
「それもあるが,体調を崩して。」
と返してきたので
「体調悪かったら、水ぐらい飲んでもええんちゃうんか?そう聞いてるでぇ!」
と、重ねて尋ねると
「原理的にはそうだが、私は規律を守りたい。」
と、敬虔な信者ぶりである。
早い話し日中は断食、しかし下痢気味とかで日没後の食事は摂っていないらしい。
「脱水症状が激しくなると、熱中症になるでぇ・・・。水くらい飲んだら。」
と、再度勧める私に
「6歳の時からずっと今まで30年。大丈夫だよ。」
と頑固そのものであった。
それでもなんとかラマダンを無事終え、今は元気に振る舞っている。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2018年06月16日

多数決で決めて何が悪い

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「多数決で決めて何が悪い!」
と政権政党のセンセイ方がおっしゃるそうな。
そんなニュースを聞いてまたまた
「たるんじゃったねぇ!」
を思い起こす。
センセイ方は、それを民主主義と信じて疑わないのだろうが、残念ながら理解不足も甚だしい。数で決めるのは、十分議論を尽くしたうえで幾通りかの方針が考えられるとき、
「じゃぁどのやり方で!」
というために使うのであって、今のように「ごはん答弁」を繰り返したうえで、強行採決では、議会制民主主義はあってないようなもの。いやはやセンセイ方の質の低下がはなはだしいのに・・・。
ただ質の低下がわが国だけでないのは、常連様方ご存じの通り。
ポピュリズムが台頭するときは、総じて政治の質が低下する。そして周期的なポピュリズムの台頭は、この世界のある種の性みたいなものだろう。残念ながら今日はそういった時代らしく
「熱狂的な50%の支持を得たらそれで選挙に勝てる!」
の考え方が、2000年初頭から跳梁跋扈している。まさか第三次世界大戦なんて引き起こすほどまでに質が低下していないだろうことを、ひたすら念じたい。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題