2018年08月31日

絶滅危惧種ミノムシ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
葉月晦日
知り合いのフェースブックに
「絶滅危惧種ともいわれているミノムシを職場で発見。」
とあった。絶滅危惧種というのは本当かどうか、少なくともこの爺の故郷には、まだまだたくさんいる。といっても、一年は帰国していないので、最後に見かけたのは一年半以上も以前のことになる。まさか一年半で故郷のミノムシが絶滅するとは思えないとはいえ、日本中都市化が進んで絶対数の減っていることは確かなのだろう。
ただミノムシには、母の思い出がある。
祖父が綿織物で財を成して立てた我が家には、おもてにもうらにも前栽があった。おもての前栽には、太平洋戦争で戦死した伯父が植えたという夏蜜柑の樹が三本あり、その樹によくミノムシがぶら下がっていて、秋の終わりころともなると母が駆除していた。駆除といっても樹の下に入り込んで探し出しては、ひとつづつ駆除するのである。もう50年以上も昔のことで、私はまだ小学生であった。
母は、
「このミノムシは、蛾になって夏蜜柑を駄目にするから!」
と教えてくれたものの、私自身それ以上は確かめようとはしないまま、今日に及んでいる。ただ今日ウイキペディアで調べてみると、ミノムシが哀れに思えるような生体であることが判った。あえてここでは示さないので、ご興味のある御常連様はぜひネットサーフィンして調べてください。
話をミノムシ退治に戻せば、私も母に真似て枝にぶら下がっているミノムシをつまみあげせっせと踏みつぶしたものであった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2018年08月30日

Remenber Perl Harbor

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
西洋花札大統領が、我が国の総理に
「パールハーバーの事を忘れていない!」
と言ったとか、言わなかったとか。官房長官が、さっそくこの噂の火消しに努めている様で、そこまでして日米首脳の蜜月振りを演出したいのかと不思議に思う。
そもそも論ながら、きゃつら白色人種は本音のところで、有色人種に対して優越感を持っているし、平等なんてまずは考えちゃあいまい。だから口に出さなくったって、心の底ではやっぱし、Remember Perl Harbor なんだよ。
話は変わるがシンガポールの友人達は
「太平洋戦争の日本軍の蛮行や残虐さは、赦しはするが忘れない!」
と教育されたと教えてくれた。そして私は、こういった態度が大切なんだろうと確信している。つまり戦争なんぞ一度始まれば、やらなければやられるわけで、冷静さを欠くことも多かろう。だから戦争はやっちゃぁいけないんですよ。
まぁ、それはともかく西洋花札大統領、パールハーバーの事は覚えているが、赦しているのかどうかが問題なのである??
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2018年08月29日

欧米人との付き合い方

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今日の話は、決して黄色人種のひがみからではない。
ただ騒ぎも少し沈静化した様なので、爺なりの主張を掲げようと考えた。
実はこの爺、学術関係者の国際的な組織の代表をさせていただいた。この組織は1950年代に始まっており、おおよそ70年の歴史を持っている。任期は一期4年で爺の場合2007年~2015年の間である。この組織には上部団体があり、下部組織の代表になれば、自動的に上部団体の委員という仕組みが出来上がっている。
実は私達の組織が主催する国際会議、4年に一回の割合で開催しているのだが、いろいろなへ経過を経て2007年、2011年と開催されていたところ、米国側の都合で2014年の開催となった。そして代表の交代のための選挙をその際実施し、2015年の上部団体の開催の際委員の交代を報告しておいた。そしてそれを持ってこの爺は退任し、次の代表に託した。そして今年2018年の我々の組織の国際会議で、次期委員の選挙を行ったところ、欧米の委員からこの2018年をもって現代表は退任という声が上がったそうで、メールで盛んに意見交換が行われた。爺は
「現委員は、来年2019年の上部団体の総会までが任期!」
と信じていたところ、
「河崎の横暴で任期を変えるなら、規約変更をしなくてはならない!」
という声まで上がって来たそうで、この爺にしてみれば
「自分たちの都合で、国際会議の開催周期を変えておいて、何をいうてるんや!任期一期4年が我々の規則や。」
というのが本音、ただ当初メール会議は傍観を決め込んでいたら、現代表の立場が全く悪くなってしまった。
「あなたが続けたいから、かってに来年までと主張しているんだろう!」
とさえ中傷されたとあっては、爺も黙ってはおれず、爺なりの主張、といっても
「任期4年が原則!」
を強く申し上げ、さらには2003年以降の国際会議の経緯も書き添えたら、それ以降メールでのやり取りがパタッとやんだ。
といっても爺は全く安心しておらず、
「何かあいつら言い出すんちゃうか?」
と、注意しながら見守っている。
いずれにしても、物申さずにいると欧米の連中は自己主張はきちんとなさる。これは余程親しい間柄でも、いきなり足元をすくわれかねない。ご用心ご用心。
本日はしょうもない話で恐縮。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2018年08月28日

アリスの散髪

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
愛犬アリス満7ヵ月となり、ほぼ成犬という事でそれらしい散髪をしてもらった。
親馬鹿ながら、このブログにも揚げさせていただく。散髪前と散髪後、いやはやプードルらしくなりました。
180827 Alice前.jpg
180827 Alice後.jpg
この散髪は、アリスを取り上げたブリーダーさんが朝連れに来てくれて、ほぼ12時間後に帰宅といった具合い。えらく長時間ながら、ブリーダーさん曰く
「この地域の何匹かを集めてやらしてもらいますので、丸一日の仕事になります。」
との事。ただアリスにしてみれば、如何に里帰りとはいえ、そんなにも長時間の外出は我が家に来て初めて、さぞかしつかれたであろう。いつもと違って、宵のうちから早々と就寝してしまっている。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2018年08月27日

夏の終わりに

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
2018年葉月も余すところ5日となった。
何度かこのブログに書いていると思うのだが、中学生時代、私は夏の終わりのこの時期の寂寥感が、えも言えず好きであった。とりわけ故郷の西の山の端に灰色の雲がかかる夕方が好きであった。考えようによっては鬱屈しているとも言えそうながら、あれは思春期特有の「ニヒリズム」だったのかもしれない。
はて今日はどうなっているのだろうか、私が中学生だった頃には、夏休みといえば写生が宿題の一つで、その写生を私は決まって夏休みの終わりの二、三日にやったものである。他の宿題は夏休みが始まって一週間もすれば皆やり終えていたけれど、写生だけは最後まで手を付けることは無かった。それはあの夕暮れの寂しさを、今年も絵にしたいと考えたからに他ならなかった。ただそんな得手勝手な「ニヒリズム」は、誰にも理解されず自慢の写生は、一度も褒めなれなかった。
とはいえ残念ながら、今年はあの夕暮れを見ることはできない。というのも、現時点では帰国の予定が今のところ、まだまだ立っていないから。それにこのシンガポールは年中夏で、あんな寂しい雲はまず出ないから。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2018年08月26日

台風20号被害二件

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
インターネット新聞で見た記事。
まず淡路島の話。高さ60mの風力発電用風車が、台風20号の通過で倒れてしまったという。風力発電の自然災害というと、落雷が専売特許のごとくであったのに、まぁ何という事だろう。それに肝心の風で倒れてしまったのでは、しゃれにもならないじゃァないか。ただもう20年近くも昔、修士課程の学生のおかげで、風力発電を勉強する機会があった。あの頃に比べて技術革新はあるのだろうけれど、当時は風速毎秒25m以上になると回転させないという設計仕様だった。今回の横転は、そんなことも関係しているのかもしれない。だとしたら、台風のよく来襲するわが国にあっては、容易ならざる事態であろうか。
次神戸の和田岬の話。和田岬の灯台頂部が、台風が明けた朝無くなってしまっていたという。老朽化ゆえの事態なのだろうが、「喜びも悲しみも幾年月」というかなり昔の映画、灯台守の家族をついつい思い出した。今は大概の灯台は無人化しているだろうから、あまり問題とはならないけれど、下手をすれば人命にもかかわる事態。ただGPSの普及で灯台の使命はもはや終わっているのかもしれないなぁ。
ただ台風の東側が被害甚大になるという、例の事がそのまま出たのが今回の二件なのだろう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年08月25日

今宵は涼しい

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「今年の8月は異常だ!」
とシンガポール人の友人が言う。
「いや10年ほど前からおかしくなっているんだ!」
という言葉に続けて、
「私の若い頃には、街の果物にも季節感があった。それが今はどうだ。ドリアンだって年中あるし。」
という事らしいが、
「それって物流が変わってきただけで、必ずしも気候変化ではないだろう。」
と、まぜっかえしたいところをぐっと我慢して
「成程ねぇ!」
と感心して見せた。
こんな話になったのも、朝からの篠突く雨・スコールで、昨日までのイラつく暑さが嘘のように消え、思いのほかしのぎ易い日になったからであろうか。
それにしても昨朝の雨のすごかった。そして昼過ぎにはその雨も終わったと思っていたら、また二時頃になって大雨であった。
おかげで夕方は快適なほどである。
そんな夕方に、太平洋戦争中のルソン島を中心にしたドキュメンタリーで「届かなかった手紙」の録画を楽しんだ。内容はさておき、あの戦いでわが国の兵隊さん達は、熱帯の猛烈な暑さに消耗し、食糧不足、武器不足とあいまって悲惨の極みだったろうに、
「せめて今日みたいな心地よい夕方だったら・・・。」
と70数年前に思いを馳せた次第である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2018年08月24日

台風20号徳島上陸

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今しがた(日本時刻23日22時)のテレビ情報やと、台風20号は徳島県の南部に上陸したらしい。これって大阪南部の街には、最悪のコースちゃうやろか。うまい具合にちゅうたら申し訳ないけど、そのまま北上して淡路島でも縦断したら少しはましやろけど、まちごうて紀伊水道に入ってしまうたら、貝塚にとってほんまにえらいいこっちゃで。まぁ貝塚や岸和田には大きな川ないよって、家の流されるよな洪水にはなりにくいけど、なんせ和泉山脈ちゅうたら古いボロボロの山脈やよって、大雨で崩れるかもしれへんもんなぁ。山津波ちゅうやっちゃ。
ほんで日本時刻23時には、京都や兵庫1府5県で30000戸停電ちゅう話や。という事は大阪はまだそんなに荒れてないちゅうことになるなぁ。ついでに言うと、どうも台風の中心は淡路島の西をかすめて北上するみたいや。ちゅうことは、和泉山脈が風よけになって、台風が神戸界隈まで行かへんと、貝塚は強い風吹かへんちゅうこっちゃ。ちゅうわけで一安心かな。(被害におうた地域の人には、申し訳ないけど・・。)
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年08月23日

戦車Vsトラクター

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
夏の甲子園、大方の予想通り大阪桐蔭高校の優勝で幕を閉じた。
結果論とはいえ、決勝戦は残念ながら一方的な結果となった。確かフェースブックで、大阪桐蔭を戦車に、金足農工をトラクターに例えて決勝戦を揶揄していたのがあった。
まぁ、刀折れ・矢尽きというのが実際のところなのだろう。
高校野球に関しては、いろいろ批判もあろうが、それぞれの地方の代表として競技していると、素直にその面を見て楽しむのが良いのだろう。ただ今回は日本人特有の「判官びいき」もあったりして、金足農業人気が異様に盛り上がったに違いない。
まぁそれも良しなのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年08月22日

Let's Note の電池交換

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
この爺のパソコンは、Let’s Noteである。
数カ月前より、メーカーから知らせが入り
「充電中に発火の可能性がありますから、交換します!」
というもので、半信半疑その知らせにあれこれ入力したら、一か月ほど前にDHLで新しい電池が届けられた。そして添付文書には、
「近日中に古い電池を回収に伺います。」
とあり、
「このシンガポールまで、本当にご苦労な事!」
と、お節介ながら感心していた。
そして昨日外出先で電話が入った。
「私はP社の岡島といいますが。先日お送りした電池もう今回していただいているのなら、古いのを回収に伺います。急なことで恐縮ですが、今は御在宅ですか?」
という。
「実は、商用で出かけていてるので、帰宅は午後八時半以降かな!?」
と返したら、
「じゃぁ、九時前後に伺います。」
との事。
「不良品を出した時にはメーカーの責任とはいえ、相手が世界中だけに大変だ!」
と考えた。
そして夜九時頃、帰宅して待ち受けていたらその岡島さんがやってきて、古い電池を手渡すことができた、その後しばし談笑、
「それにしても、こんな時刻にそれも外国で大変ですねぇ。」
の問いかけには
「一軒、一軒回って回収してます。」
との事。シンガポールだけでも大変な数だろうし、
「企業戦士魂のある若者も、まだこうやって頑張っているんだ!」
と、一人感心した次第である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活