2021年01月08日

感染爆発!

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
七草粥の日
昨日一日の日本国内感染者数、なんと7,000名を越したそうや。
こうなると、ほんまの感染爆発やなぁ。
もちろん新型コロナウィルスのこっちゃでぇ。
ほんで政府はいよいよ「緊急事態宣言」出した。
まずは関東四都県に対しての緊急事態宣言や。
それにしても、この調子やったら二三日内に、一日の感染者一万人超すんちゃうか。
比較的落ち着いてるちゅうて言われとった大阪も600人超えやもんな。
ちゅうことは、大阪にも緊急事態宣言いるちゅうこっちゃな。
感染の広がり防ごう思うたら、人との接触避けるしか方法ないんは明らかや。
人間社会、他人との接触を断ってちゅうたら、社会性否定することになるんやけど、眼に見えへんウィルスの拡散防ぐんは、社会性を可能な限り零にするしかしゃぁ無いんやで。
せやのに政治家のセンセイ達は、まだ4名までの会食やったら、ちゅうような甘いこと言うてるで。せやからその甘さが、一般大衆にも以心伝心で
「いうても大丈夫!」
ちゅうて、ほんまに聞き分けが悪い。まるで幼稚園の子供やで。
新規感染者の増え方、ほんまに爆発的増加やでぇ!
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2021年01月07日

議会に乱入

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
アメリカ合衆国の連邦議会に、トランプ現大統領の支持者が乱入して、死者が出た。最初に亡くなったと報じられたんは、ドナルドトランプの熱狂的な支持者やそうな。その後さらに三人の死亡が報告されてる。それにしても、支持者が議事堂に侵入するなんちゅうことは、月並みな言い方やけど、民主主義の否定につながるんちゃうか。そもそもこういう事態を作った張本人は、大統領自身で、いつまでたっても
「選挙に不正があった!」
ちゅうて、負けを認めんへんし、ツイッターで支持者を煽ってるんが根っこなんや。
最近この爺がよう言うてる、民主主義の脆弱性なんや。
まぁ、アメリカ合衆国の白人の半分ほどに、選民思想があって、50%近くの民衆が固まったら多数決で勝てるんやから、そう仕向けてるトランプ大統領の作戦勝ちちゅう所かもしれへん。ただそんなアメリカ合衆国にも良識派がおって、トランプのツイッターしばらく使用不可にしてしもうたちゅうから、ツイッター社は勇気あるなぁ。
それにしてもアメリカも日本も、何やらファッショ的なにおいの強い社会になりつつあるような気ぃして、心配やなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2021年01月06日

感染爆発か?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
幹事長が、報道記者が東京オリンピック開催の可否を問うたのに対し
「中止せねばならない理由を聞きたいもんだ!」
と切り返したという記事を読んだ。
その切り返しで多分沙汰止みになったのだろうが、記者さんも頼りない。
まぁ報道は中立でなければならないという原則があるらしいので、記者は自分の意見を言えなかったと善意の解釈をするとしても
欧州の相次ぐロックダウン
米国の新型コロナウィルス感染者数、犠牲者総数
ブラジルやインドの現状
南アフリカの変異株には効かない可能性もあるというワクチン
予測の難しいアフリカ諸国の新型コロナウィルス禍

等々、例を挙げて
「これらが大きな障害になるのでは?」
と、迫って欲しかった気がする。
加えて日本国内では、今日の感染者数は6,000名を越したし、多くの地方自治体で過去最多を記録している現状で、どうしても東京五輪をやらねばという根拠は、はなはだ希薄である。むしろその予算を、休業要請にこたえる飲食店にまわすことにすれば、経済的には随分活性化するような気がする。実際ここシンガポールでは、規制が随分と厳しかったこともあって、新型コロナウィルスはほぼ抑え込んだ状態なのだが、飲食店の多くは家賃が何か月かはただとなったりして、現時点では昨年の数倍の利益という知り合いの業者さえある。
シンガポールでできるのだから、少なくとも東京や大阪の街々ではできるのではというのが、この爺の理解である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2021年01月05日

大相撲初場所近し

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
新年5日目にしてようやく晴れた。
午後にはまたぞろ雨かも知れぬが、午前10時30分現在空は青い。
大晦日も午後雨だったから、年末から数日間の雨天だったことになる。
さて今日の話題。
大相撲初場所を来週に控え、横綱白鵬が新型コロナウィルスに感染したというニュース。ということは、初場所は休場ということになろうか。三場所連続して休場し、この初場所に進退をかけていた筈なのに。新型コロナウィルス感染となれば、休場してもお構いなしだろうから、身体に関しては仕切り直しということになろうか。つまり次の三月大阪場所に進退をかけるということだろう。翻って横綱鶴竜は、これまた初場所に進退をかけている。鶴竜の場合は、確か腰だったかなぁを痛めての三場所休場、だたし先日日本国籍がとれたという話もあり、場所が始まって成績が悪ければ引退ということになるかもしれない。そういう意味で、新型コロナウィルスに感染したという白鵬は、再休場の免罪符を頂いたようなもの。幸運にも感染というと不謹慎ながら、白鵬の横綱としての寿命が延びることになるのだろうな。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2021年01月04日

丑年の良い話

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
インターネット新聞御記事で読んだ、ちょっと悲しくてそしていい話。
大阪の農業高校の生徒さん達の話である。
妊娠しなくなったホルスタイン、経産牛は価値が低いとされて来たけれど、6名の生徒さん達は昨年6月から世話をして、肉質を上げるよう努めたそうだ。その甲斐もあって体重も40s増加し、評価も最低のC1ではなくB1を獲得できたという。6名は昼休みの45分も牛舎に通い世話に精を出したのだそうだ。ただいよいよ出荷という日に、そのホルスタイン・ヒナタという名だったそうだが、眼に涙を浮かべたそうで、ホルスタインのヒナタが、自身の死を予感したのか、6名との別れを惜しんだのかは定かではないけれど、少なくとも6名の高校生にとっては、長く心に残る思い出となったに違いない。肉質を上げるよう助言したのは、指導している教員だったのだろうけれど、その教員だってホルスタインと生徒たちとの心の交流を期待しての助言ではなかったろうとおもう。ただ一般論ながら動物は、こちらが愛情をかければかける程、その期待に応えてくれることも事実で、どこまでわかっているかはともかく、心の交流は可能であると私は信じているのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2021年01月03日

スパイク状突起

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
新型コロナウィルスの、スパイクと呼ばれる突起、あれをインターネット新聞の電子顕微鏡写真で見たとき
「えらく残忍な形に見えるなぁ!」
と正直考えた。素人の理解ながらあれが人間の細胞に食いついて、体内に入り込むのだろう。そのスパイクが変異して、感染力が70%強い、新新型コロナウィルスが、イギリスを席巻している。南アフリカ起源の変異株も見つかったと聞く。イギリスの変異株は、イギリスから日本に帰国した何人かに見つかり、国境で抑えられたと信じられた矢先、東京都内でもその感染者が何名か見つかったようだ。月並みな表現ながら、「コロナとの戦い」は、常に裏をかかれているような気がする。
関東の四都県の知事がたまりかね、昨日国に緊急事態宣言の要請をしたと報じられていたが、これって「戒厳令」をお願いしたに等しいんじゃないか。国を離れて住んでいると、こんなニュースを見聞きして
「日本は、何をやってるんや!」
と、いらついてしまう。
とりわけシンガポールがうまく対処していると私は理解しているので、日本のドタバタが気にかかる。
ちなみに、大阪府の新型コロナウィルスによる死者の総数が、東京都のそれに迫っているのも気がかりの種である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2021年01月02日

1月2日も雨

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
新年2日も朝から雨天、ほぼ終日の雨降りである。
そんなわけで、シンガポール友人の薦める1月2日の初日の出もお流れとなった。ちなみに今日は、終日シンガポール島全土で雨が降っているという。この地にきて7年と4か月を過ごしたけれど、今年のような正月三が日連日雨空という経験は知ら無い。またぞろシンガポール人の友人達は、「異常気象」というかもしれない。まぜっかえすようながら、
「気象は常に異常」
がこの爺の持論で、今年の場合は年頭に雨天が続いているだけに過ぎないと理解するのが正しいのだろう。気候が代わっているか否かは、何年かの平均と過去何年 かの平均を比較すべきで、気象の専門家は10年の平均を採用していると教えられてきた。
さて昨日眼に留まったニュース。
数年前にシンガポールとマレーシアで合意された、両国を結ぶ高速列車の計画、マレーシアが断念するという。新型コロナウィルス禍による経済の後退が、影響しているのだろうが、大いに残念。シンガポール。クアラルンプールが、一時間で移動可能になる筈だったのに
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2021年01月01日

初日の出

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
辛丑元旦
2021年1月1日の朝を迎えた。
シンガポールは曇天、残念ながら初日の出は拝めなかった。
友人のMからは、シンガポール島いたるところで雨だとメッセージが届いた。
どういえばいいのだろう、我々日本人ほども「初日の出」へのこだわりがないのかもしれない、あっけらかんとしている。彼らにしてみれば、日の出は日の出であって、元旦のも大晦日のも変わりはないのだろう。実際
「今朝は曇天で、日の出を見ることができなかった!」
という私に
「明日朝見たらいいよ!」
という返事が返ってきて、我々の元旦の日の出に対する思い入れに対する理解は、全く無いようなのである。
そんなことを考えていたら、日本いる若い友人が、混雑を避けるため伊勢神宮の初詣を、大晦日に済ませたとフェースブックに上げていた。今年は新型コロナウィルス禍で特別とはいえ、年末の初詣はやはりこの爺にはいただけない気がする。若い人達の感覚はそうではないのだろうが。
そんなわけで今朝は日本のテレビ放送で、富士山の初日の出の映像を楽しんだ次第である
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年12月31日

年の瀬に

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
おおつごもり(大晦日)になった。
いま正午を少し過ぎたところだから、2020年もあと12時間程度ということになる。
それにしても、去年の今頃この事態を予想した人はどれくらいいたろうか?
確かに中国・武漢で新型ウィルスの感染症がというニュースを漏れ聞いていたけれど、ここまで深刻な状況になるとは、少なくともこの爺は考えもしなかった。20年程昔のSARSの時だって、マスコミ報道が大騒ぎをしたけれど、結果的には大きな広がりとはならなかったから、まぁ同じ程度と高をくくっていたというのが正直なところである。
今回の新型コロナウィルス、春には著名なタレントが二名相次いで亡くなり、世間も騒然としたけれど、第一波は梅雨を境に収まった。ただその後第二波、第三波が日本を急襲、昨日は全国で3852名が新たに感染という。ここ二週間毎日2000名超の新規感染者で、日本全国でこれまでの総感染者はおおよそ23万人。さらには一週間ほど前現役の国会議員の一人が亡くなったけれど、53歳という働き盛りだから驚かされた。
「冬場には・・・。」
と心配するマスコミ報道があったように、その心配は取り越し苦労ではなかった。シンガポールではとりあえず収まってはいるようながら、日本では予断を許さない状況が続いている。
そんな年の瀬である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年12月30日

コーヒーショップで

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
年の瀬だからというわけではないのだが、買い物の量がつい多くなって、両手がふさがってしまった。それでも買い物のひと段落着いたので、コーヒーでも飲んで少し休もうと考えた。これがホーカーセンターなら、関取りを兼ねて椅子に荷物を置いてから、カウンターに注文に行くところだが、あいにく隣駅のモールの中だったので、あまりいい加減なこともできないと、お店の女の子に
「あの席に荷物を置いていいですか?」
尋ねると、
「この店で飲み物を注文するのか?まず注文して欲しい。」
と不思議そうな顔をして尋ね返してきた。私は
「御覧の通り手がふさがっており、このままでは注文しても支払いができない。だからまず荷物を店内のあの席に置きたいんだ!」
と説明すると、えらく不機嫌な顔をして
「それならいいよ。」
と不承不承の返事である。
ただこの後がいけない。
積に買い物の袋を置いて、注文のカウンターに戻り
「じゃぁ、コーヒーをブラックで!」
と告げれば、それこそオーム返しに
「お持ち帰りですか、それとも店内で召し上がりますか?」
と、返ってきた。
「おいおい、今話したとこやんか!」
と切り返したいのをぐっと我慢したけれど、若者のこの種の機械的反応シンガポールも日本も似たような状況ですなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活