2018年02月24日

急がねば2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
中学生時代、社会・地理で習った「華僑」。中国からの移民で、同族の結びつきが極めて強く、お商売に長けており、財を成した家系を意味する。ただ必ずしも良い意味で教わったという記憶がなく、
「商売がうまい、いやむしろお金に汚い!」
といった言外のやっかみも含めた意味を含んでいた。ちなみに中国の方に「華僑」の意味を尋ねたら、極めて単純で「中国からの移民」という意味しかないそうだ。
さて、昨日の続きである。
シンガポールにやってきて、最初の2年間は大企業の名前に期待しての販売であった。その後の2年間は、当地で親しくなった、俗にいう「華僑」の販売能力に期待した。そして昨年11月末頃だったろうか、全く埒のあきそうにないことから、基本姿勢をすっかり改め、この爺以外の営業活動を期待せず、それこそ初心に戻って地についた営業活動を行おうと決意して3カ月である。
その甲斐あってか、まずはシンガポールの気象局から、
「近々に設備更新の入札があるから、可能なら応札したら。」
と助言を頂き、すでに数回の技術仕様に関しての打ち合わせに及んでいる。
確かに入札だけに必ず勝てるという確証はないとはいえ、こういった八百長・不正なしの商いの方が、この爺の主義・主張にあっている。
昨日も書いたようにきゃつらに任せておいたら販売価格が、なんと10倍以上にもなりそうで、それなら売れる筈もない。
「急がば回れ!」であろうか・・・。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2018年02月23日

急がねば!

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
のっけから訃報が題材で申し訳ないけれど、一昨日の俳優大杉蓮さんの訃報。この爺と年齢が近い方だけに、胸に迫る何かがある。
その前日だったっけ、俳人の金子兜太さんの訃報、こちらは90歳を越すご高齢ながら、主義・主張に共鳴できる方だけに、違った意味で胸に迫るものがある。
さて大杉さん、享年66歳というから、爺より3歳若い。と考えると、爺にもいつお迎えが来るかも知れず、爺に残されているであろう時間を考えて、
「急がねば・・・!。」
の焦りが湧いてくる。急がねばの心は、起業した雷嵐の行く末の事で、シンガポールに来て4年半、これという成果もあげられず、遅まきながら昨年11月、
「他人をあてにしていたのでは。」
と目を覚まし、改めての主体的な営業活動を始めたことである。
得意のそもそも論ながら、
「安価な装置で、東南アジアの方々の安全に貢献。」
の基本方針だった筈なのに、当地の販売代理人たちは、
「いかに高い利益を得るか。」
という本心。いやむしろ東南アジアに蔓延する、Money under the table の手段を使ってでも売りさばくという真逆の態度、そのためには賄賂分を販売価格に上乗せしてという甚だお粗末な戦略。
「雷嵐には迷惑をかけないから!」
といけしゃぁしゃぁだから始末が悪い。
こう言って書き出せばまだまだ続きそうなので、明日ももう一度。
(この稿続く)
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2018年02月22日

しじみ漁の湖面に

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「想定外の事故」という表現に、この爺は常々違和感を覚えている。
というのは、そもそも事故は「想定外」の状況下で発生するものだから。
実は先日の、米軍機燃料タンクの湖面への落下(というより廃棄というべきか)事故を考えている。
再びそもそも論ながら、航空機は安全に飛行できるのが当たり前ではなく、異常事態の発生するのが当たり前と理解していたら、こんな表現にはまずならないだろう。ただしじみ漁をしている近くに、水しぶきが上げてタンクが落下してきたのだから、現場にいた漁師さん達にはとてつもない恐怖だったろうと、同情せざるを得ない。話を米軍機の事故に戻すなら、最近富に多いように多い。いや最近は地元、マスコミ報道、駐留米軍等々が一つ一つを報じるようになったからというのが本当のところで、今までも同じくらいあったのではなかろうかと、この爺は考えている。とはいえ米軍の機密というのがあるだろうから、今見聞きしていることは原因含め100%明らかになっているのではなかろう。ただ彼等もとりわけ、事故に遭いたいとか事故を起こしたいとか考えての、日常の行動ではなく、自分達の機器が故障がないという前提で行動しているのだろう。そしてその意識が多分間違いで、
「機械は故障する物、壊れやすい物」
という自覚を持って、整備・運行に臨むべきだと、爺なりに忠告申し上げたい。

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年02月21日

ライバル2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
ライバルの話を続ける。
ただRivalをLibalと発音して通じなかった恥ずかしい話は、前回でおしまいである。
そこで球春らしく、野球が題材である。野球狂かつ半分ほど虎キチのこの爺、昭和30年代小山、村山という二大エースがタイガースを牽引していた頃を覚えている。この二人昨今のプロ野球なら、田中投手とダルビッシュ投手が同一球団に在籍していると理解して頂ければどうだろう。いずれにしても両投手とも、主戦投手だったのである。そう同一球団だけに、紛れもなく互いに切磋琢磨して、ますます良い成績を残すというライバルであったに違いない。ただ後日談として確か小山投手だったと思うが
「村山投手が打たれると、ベンチ裏に行ってバケツを叩いて喜びましたよ。球団としてはあってはいけないことだと、判ってましたけど・・・。」
と述懐されていたのを聞いた。
とはいえ両雄相並び立たずの言い習わしの通り、二人が阪神タイガースに在籍したのは1959年から1963年の5年間である。
ちなみに小山投手の生涯勝ち数は320勝、村山投手は222勝というから、若い人達にもすごさを判って頂けるに違いない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2018年02月20日

ライバル

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
朝日新聞天声人語氏から。
500mスピードスケートの、小平選手と李相花選手の友情に繋がるライバル心の話題を読んで、思い出したのは40年近い昔の事。
それは「Rival〈ライバル〉」に関して、というよりはむしろ単語に関してである。名古屋大学に職を得て、大気電気学に取り組みだした頃、ある国際会議で当時すでに著名であったユーマン氏やクライダー氏に会う機会があった。今日でもそうながら、あの頃の私の英語は、関西弁訛りのひどい英語であったが、それでも大家とそれなりの会話を楽しめた。(と一方的に私が思っていただけかもしれないが。)そして会話の終わりに
「この分野は初めて数年の半人前ですが、ライバルになれることができるよう研鑽します。」
と告げたら、怪訝そうな顔をして、意味が分からないとおっしゃるではないか。
どうも「ライバル」が通じてないらしく、日本人にありがちな「lival もしくはlibal」という発音になっていたのだろう。そうRの音がLに、Vの音がBになっていたのだろう。「敵と味方」を例に挙げて説明したけれどやはり通じない。それどころかますます話がこじれる有様で、やがてようよう
「Oh, Rival!」
の声が上がるまで4〜5分近くもかかったろううか。何がきっかけでRivalに到達できたのかは今となっては覚えてはいないけれど、少なくとも「敵(Enemy)」を出したのはまずかったことだけは間違いない。日本語では「好敵手」なんぞと云ったりして「敵」の意味をも含んでいるけれど、Rivalにはそういった意味合いはなく、競い合ってお互いを高める相手というのが第一義、あの日以来私はライバルの意味をしっかりと理解している。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2018年02月19日

臆病な犬

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
知り合いのプードルを、預かっていることは何度か述べている。
そのプードル犬、生後一年程度の若い犬らしくいたずら好き、そのくせ臆病でちょっとした音にも敏感に反応して竦み上がる。だからちょっと難儀なのは毎日の散歩かも知れない。
日没後の散歩については、先日も少し披露した。暗闇を嫌がるといったあれである。
だから今日は日中の散歩についてである。
コンドミニアムの敷地内を散歩すると、大概の犬がそうするように臭いを嗅ぎながら歩く。ただ背後から人が迫ってくると、すぐに怯えて立ち止まる。私達は散歩のつもりでゆっくりと歩いているわけで、通勤の人などは当然速足。だからいきおい私達を追い抜く格好で通り過ぎようとすると、通り抜けざまにはには逃げ惑うので、迷惑をかけることになってしまう。逆に前方から人が来るような場合には、立ち止まってじっと見上げているので、見上げられた人は警戒して立ち止まる。犬好きの人なら、腰をかがめて手を差し伸べて下さるけれど、犬好きでない人は当然ながら警戒する。私は
「大丈夫ですから!」
と声をかけやり過ごして頂く。
それから他の犬との出会い、これも厄介である。このコンドミニアムに住む犬の多くは、総じて攻撃的で互いにほえあっている。たまにおとなしい犬がいて、臭いをかぎに近寄ってくると、このプードル犬は逃げ惑う。ただ昨日同じ犬種に出会ったら、これがやけに友好的で、互いに臭いをかぎあって異様に仲良くしていた。聞けば御年4年の雄犬で、雌犬の我がカニ君とは馬が合うようであった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2018年02月18日

藤井六段

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
中学生棋士の藤井聡太さん、朝日杯将棋で優勝して6段に昇進した。
棋戦優勝も、6段昇進も神武以来といわれた加藤一二三さんの記録を破っての、最年少記録である。おおよそ半世紀も破られなかった記録で
「加藤一二三がどれだけすごい棋士だったかという事になります。」
と、将棋界引退後お笑い系でテレビに登場しているヒフミンこと加藤一二三さん自身のコメント、言い得て妙といったところだろう。
冒頭に記した、朝日杯将棋の優勝は、準決勝で羽生永世七冠を破っての快挙で、マスコミ報道も詳しく報じている。羽生さんは最近国民栄誉賞も受賞されているので、藤井さんから見れば、まるで神様に勝ったようなものかも知れない。すぐに世代交代とはならないだろうが、いわゆる羽生世代のというより羽生さんの時代の「終わりの始まり」かもしれないというと、羽生永世七冠の贔屓筋に叱られるかもしれなけれど、この爺岡目七目ながら実感している。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年02月17日

旧暦正月の頃

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
旧正月(Chinese New Year)の二日。
金曜からの三連休の中日、とはいっても普段の週末に金曜(旧暦元旦)がくっ付いただけだから、実際有難味は感じない。ただ日中は暑いとはいえ、朝夕のしのぎ易さは、一月初旬以降続いていてこちらはうれしい限りとでも言おうか。
一月にはほとんど連日日中に雨が降り、日没後は風が吹いて
「夜間は冷房なんて不要!」
であったのだが、気が付けば連日の雨はほとんど降らなくなっている。それでも依然として日没後の風は心地よい。
当地の友人達は
「Chinese New Yearは雨が降らないから!」
なんぞとのたまうが、この爺には甚だ疑問。というのも昨年の旧暦元旦は一月下旬であったし、あの頃は雨の日が多かったと記憶している。
それに
「二月は雨の日が多い!」
とのたまう友人や
「二月は雨が少ない!」
と真逆の印象を持っている友人もいて、はっきり言って天候はあまり彼らの興味対象ではないらしい。ただ植物は正直なもので、パシリス駅前広場の芝生が、ここ数日、急に茶色くなってきた。これは明らかに水不足である。となるとやはり二月の降水量は少ないという印象は正しいのだろうなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2018年02月16日

陰暦元旦

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
シンガポールの住民の多くは、今日旧正月(太陰暦元旦)を祝っている。昨晩は遅く間でマンションのあちらこちらから嬌声が上がっていた。我々には、どうもぴんと来ないが、現地の方々は気分高揚を抑えがたい模様である。ちょっとした立ち話の後でも、Happy New Yearといって別れることが多く、私は違和感を感じつつ、仕方なくHappy New Year, too と返している。
中華系シンガポール人にしてみれば
「中国の失くしかけている伝統を、私達が一番守っているのだ!」
という事になるらしい。69歳の私には、生まれ故郷の貝塚で、小学生低学年のころまで、旧暦に基づく行事がいくつかあったのを覚えている。といっても現実には合わないこともあって、いつしかすたれてしまったというのが事実。ただこのシンガポールは、頑固に守っているから、合理主義の国にしては珍しいというのが私の実感である。なにせ基準となる「元旦」が、年によるというのはいかにも不便だろうと思うのだが。
例えば学校、太陽暦1月に新年度が始まり、同じく太陽暦12月に年度終了する。さらに新年度の開始は、日曜でない限り1月2日からとなっている。そして上半期は6月まで下半期は7月以降となっているのだが、今年の場合、新年度が開始して一か月半で、早くも旧暦の正月休みとなる。今年はまだいい、確か昨年は旧正月は確か1月中であったので、教員にしてみたら、何やらやりにくいのではと思えてならない。慣れれば大丈夫とは、私の場合にはいかないのは、歳を取りすぎているからだろうか。旧正月の高揚感は、当地に来て5年、やはり判らない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年02月15日

性格の形成は?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
朝日新聞インターネット版で得た知識。
「犬は、生後8週間以降に親と引き離した場合には、7週間以下で引き離した場合に比べ、噛み付きなどの問題行動の割合が減る。」
という研究結果が明らかになったという。とはいえ母体内にいるときや出生時の環境や遺伝も含めて詳細な研究が必要とも付け加えられてもいた。通常ならすっと読み飛ばしてしまいそうな記事ながら、今は若いプードルを預かり世話しているからだろうか、いささか気になった。
犬の事に限らず、この爺は人間も含めて、「生き物の個体の性格」に関し後天的なものと先天的なものに関して、門外漢なりの興味を持っている。以前にも書いたと記憶しているが、外交的・社交的、内向的で内気な引っ込み思案、好奇心旺盛・物見高い、他人に対し攻撃的、等々、経験や自己啓発である程度は身に付くこともあろうが、それだけでは理解を超えることがほとんどの場合では無かろうかと思う。突き詰めれば「脳」の問題となるのだろうか、あるいは「DNA」のなせる業なのだろうか?
それにしても「カニ」君は、好奇心旺盛でやんちゃであることは紛れもない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学一般